体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

カップルにおすすめ【鳥取】人気デートスポット20選!定番から穴場まで

カップルにおすすめ【鳥取】人気デートスポット20選!定番から穴場まで 170823_鳥取

砂丘に怪、漫画、温泉などカップルで楽しく遊べるスポットが充実している「鳥取」

実は他にも楽しみどころの多く、「日本一危険な国宝」があるとか!?

じゃらん編集部ではカップルにおすすめのデート情報として、鳥取のデートスポットを徹底調査。定番から穴場まで全20スポットを紹介します。

(※紹介施設はじゃらんnet観光ガイドから抜粋しました)

記事配信:じゃらんニュース

三佛寺投入堂

三佛寺投入堂出典:じゃらん 観光ガイド 三佛寺投入堂

役の行者が法力で岩屋に投げ入れたと言われるお堂でこの名前がついた。断崖に建つ姿は荘厳。本尊が蔵王権現であることから「蔵王殿」と呼ばれていた。

\口コミ ピックアップ/

なかなか険しい道を進む。

崖沿いや岩場、木の根っこが入り乱れている場所、ロープをつたって登らないといけない所など大変です。

しかし小学校4年生の女の子も最後まで登りきれたので大丈夫です!めちゃ怖がってたけど笑

そして途中途中にある絶壁に作られた寺からの眺めは最高にいいです!!!

これは絶景!めっちゃいいです!ほんと!

最後にある岩に挟まれた投入堂もどうやって建てたのか不思議で魅力的です。

時間的にもいい時間で行き返りできるので鳥取行った際は、砂丘とプラスで行ってみてください。

(行った時期:2016年4月9日) 三佛寺投入堂

住所/鳥取県東伯郡三朝町三徳

「三佛寺投入堂」の詳細はこちら

鳥取砂丘 砂の美術館

鳥取砂丘 砂の美術館出典:じゃらん 観光ガイド 鳥取砂丘 砂の美術館

鳥取砂丘の一角に誕生し、鳥取砂丘の砂と水だけを使用して制作された、砂の彫刻「砂像」を展示する世界で唯一の美術館です。

2006年から毎年テーマを変え、世界トップレベルの砂像彫刻家が繊細で迫力ある作品を創り出しています。第7期展示となる2014年度は「砂で世界旅行・ロシア編」と題し平成26年4月19日より開館します。砂の造形美が生む神秘的な世界をお楽しみ下さい。

\口コミ ピックアップ/

砂の美術館へ行って来ました。 鳥取砂丘にある砂を素材にした彫刻作品を展示した屋内施設の美術館で、2012年4月にオープンしたそうです。 毎年テーマが変わり、例年、展示期間は4月~翌年1月です。 毎年海外各国から砂像彫刻家を招いて世界最高レベルの砂像を展示しています。 砂像彫刻作品は「砂像」と呼ばれますが、素材が砂であるため時間とともに崩れがちで、その時その場所でしか観ることができません。 そのはかなさが、砂像の美しさでもあり魅力です。 細部まで丁寧に彫刻された巨大な砂像の芸術性の高さは圧巻です。

(行った時期:2017年7月16日) 鳥取砂丘 砂の美術館

住所/鳥取県鳥取市福部町湯山2083-17

「鳥取砂丘 砂の美術館」の詳細はこちら

大山

大山出典:じゃらん 観光ガイド 大山

連峰の総称「大山」。その姿は「伯耆富士」と呼ばれ、優雅さや、ときにそそり立つ絶壁が荒々しさを見せてくれる。山頂付近には天然記念物のキャラボクが自生しており、高山植物や野鳥の宝庫でもある。登山はもちろん、春の山菜狩り、夏のキャンプ、秋の紅葉、冬のスキーと、四季折々の魅力が楽しめる。

見る方角によりその姿を変える中国地方の最高峰

\口コミ ピックアップ/

大山で宿泊

夏はブルベリー狩り、牧場も近くにあって、高原野菜は美味しくてすっかりリフレッシュできました!

(行った時期:2017年6月) 大山

住所/鳥取県西伯郡大山町大山

「大山」の詳細はこちら

水木しげるロード

水木しげるロード出典:じゃらん 観光ガイド 水木しげるロード

鬼太郎をはじめ、妖怪のブロンズ像153体が並ぶ(全長800m)。年間200万人(H26年)もの観光客が訪れる山陰屈指の観光地のひとつ。

\口コミ ピックアップ/

歩けばそこかしろに妖怪の気配が、、、、 銅像も電話ボックスも床屋もポストも全部妖怪 妖怪商店街です(。-_-。) 着ぐるみも薄汚れ何か味があって面白かったです

(行った時期:2017年6月21日) 水木しげるロード

住所/鳥取県境港市松ケ枝町・大正町・本町

「水木しげるロード」の詳細はこちら

皆生温泉

皆生温泉出典:じゃらん 観光ガイド 皆生温泉

\口コミ ピックアップ/

老舗旅館が多く、ゆっくりと宿の温泉と食事を楽しむのに良いと思います。残念ながら観光地とゆう感じではないので散策するには寂しいですが海辺を歩いたり、足湯を利用したりは出来ます。泉質は良く肌に良いし、湯冷めしにくいです。

(行った時期:2017年3月) 皆生温泉

1 2 3 4次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。