ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

メイソンジャーに太陽を集めたら、やさしいライトが出来上がりました。

DATE:
  • ガジェット通信を≫

サラダを入れてランチに、はたまた小物を入れたり。1つあったら大活躍のメイソンジャーに、新しい用途が生まれちゃいました。

ほっこり、やさしいあかり



ほっこりな気持ちにしてくれそうな明るさは4,000ケルビン。本が読めるくらいなのだそう。2つあると、もうちゃんとした照明ですよね。

デザイン賞も取ったシンプル美

名前は「Consol Solar Jar」。南アフリカの電気が通っていない地域で手作りされています。これまでに70万個売れていて、地元に住む約50人へ仕事の場も提供。社会貢献にもつながっているという素敵なアイテムです。

蓋に埋め込まれている太陽電池パネルで充電する仕組みで、内部には4つのLEDライトが。フル充電で6〜9時間点灯します。

持ち運びできるので、夜ベランダでのんびりな時やベッドルームの明かりとしても。はたまたBBQなどアウトドアにも連れて行けます。もちろん中にドライフルーツや花などを入れてもかわいい♡お値段は39.8ドル(約4,210円)。残念なことに、現在日本へ発送はしていないのですが、ぜひ販路を広げてほしい!

Licensed material used with permission by Consol Solar Jar™ Support

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。