ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

洗濯後の服についている病原菌を限りなく減らす工夫とは?

  • ガジェット通信を≫


彼氏やご主人の体臭が気になる女性は多いもの。男性の方でも、自分の匂いが与える印象を気にする人は増えているようです。対策はしているけど、やっぱり汗をかくと体臭が…というように。

ただ、実は人の汗とそこに繁殖する雑菌自体は無臭です。雑巾にも似たあの匂いは、人の体から出る汗などの分泌物よりも、衣類についた特定の雑菌の影響が大きいんです。その名は「モラクセラ菌」。

2011年に、化粧品等のメーカーである「花王」の研究で、「モラクセラ菌」という名の菌が、雑巾のような匂いの元であることが判明しました。

モラクセラ菌も、人の体から衣類に付着した皮膚のかけらや汗なども、通常の洗濯では完全には落ちません。菌が活動しやすい湿った状態で栄養源となる人の体のたんぱく質を取り込んで、排泄物として匂い成分を出すのです。

免疫力の落ちた状態では、病気を引き起こすことも!

モラクセラ菌はどこにでも付着している常在菌で、健康な人に害を及ぼすことはありません。しかし、免疫力の落ちた状態では、肺炎・中耳炎・髄膜炎・副鼻腔炎を引き起こすこともあります。

また、呼吸器に慢性の病気のある人に、痰が急に増えたり発熱が急に起こった場合はモラクセラ菌でも急性気管支炎などを発症することがあるようです。

そうしたケースなら、病院に行くと同時によく使うタオルや服などの殺菌、洗濯槽の掃除をする方が良さそうですね。

服についている原因菌を減らす解決法

雑菌自体が出す排泄物が匂いの元なので、雑菌達が匂いの元を出さないうちに乾かすか、洗濯物に付着する菌自体をなくしたいものです。

おすすめの方法は、以下になります。

1.お湯で洗濯する

熱湯である必要はありません。60度くらいでも洗濯物は痛んでしまうので、45度くらいのお湯で、漂白剤と一緒に洗います。手を入れて「熱いなぁ、こんなお風呂に入ったら茹で蛸になっちゃう」と思うような感じの温度ですね。

熱と漂白剤の成分で二重にブロックするわけです。ただし、漂白剤を入れるので、色落ちの心配なものはNGです。なるべく新しく菌を増やさないように、風通しのいいところで干しましょう。

また、肌の弱い方は漂白剤より重曹の方がいいかもしれません。重曹のときは、洗濯洗剤の半量を重曹に変えるといいようです。

2.モラクセラ菌に対応した洗剤で洗う

シンプルに、雑巾臭の原因菌であるモラクセラ菌(俗称:ニオイ菌)に対応した洗剤を使ってみましょう。

3.洗濯乾燥機で素早く乾燥

洗濯機などを置けるスペースや、予算的に難しかったりしますが、乾燥に時間がかかっている間に匂いの原因菌が増える訳ですから、ヒートポンプ式横型ドラムの洗濯乾燥機等で素早く乾燥させるのがいいでしょう。

一番手間が少なくて済む方法です。

関連記事リンク(外部サイト)

肺炎、脳炎、中耳炎…風邪の二次感染にご用心!
【11月12日は世界肺炎デー】日本人の死因第3位の「肺炎」。なぜ多いの?
【11月12日は世界肺炎デー】「肺炎」は、どんな原因で起こるの?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP