ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

梅雨のむくみ解消にイイ○○って?フルーツスムージーのレシピ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

女性の大敵“むくみ”解消にぴったりのスムージー

梅雨…淀んだ曇り空に、まとわりつく湿気。
身体の中の水分をうまく外に出すことができず、だるい・重い・むくむ…などが気になる季節に入りました。
むくみは、体内の水分の代謝が正常に機能していないことにより起こります。
原因はナトリウムの取り過ぎや冷え、高湿度による発汗の阻害など色々あります。
原因のひとつである過剰なナトリウムを体外へ排出する手伝いをしてくれるのが、必須ミネラルの「カリウム」。水分の代謝が整いむくみの解消となります。
スムージーによく合うフルーツや野菜には、身体の水分の排出を促してくれる「カリウム」が豊富な食材がたくさんあります!
そんなフルーツ・野菜の力を借りて、むくみをスッキリさせてみませんか?

 

カリウムが豊富な食材はズバリこれ!

100gあたりの含有量がダントツ1位なのは、「パセリ」なんです!
ただ、パセリを大量に食べるイメージって…ないですし、なかなか難しいですよね。
そこで、「カリウム」豊富な他のフルーツ・野菜も一緒に組み合わせてスムージーにしちゃいましょう。
【アボカド】良質な脂肪分もたっぷり
【バナナ】フルーツでのカリウム含有量トップ
【キウイ】ビタミンも豊富
アボカドとバナナの組み合わせにすると、水分量が少なくなりフルフル食感のすくって食べるスムージーに。
ローフード(48℃以下で加熱せず調理する食事法)では、アボカドプディングと呼ばれて、腹持ちの良いおやつや朝ごはんとして人気の一品なんですよ。
パセリによく合うキウイも入れて、コクがあるのに後味スッキリで、ムシムシした日にもお勧めです!

 

アボカドプディング仕立て♪カリウムたっぷりスムージーのレシピ

■材料
・アボカド:1/2個
・パセリ:15g
・バナナ:1本
・キウイ:1個
・水:30~50cc
・トッピング:バナナ・キウイ・ミント・ビーポーレン
※ビーポーレンは、ミツバチの花粉のことで、必須アミノ酸、タンパク質、27種類のミネラルが含まれている、今注目のスーパーフードです。
■作り方
①材料を洗いアボカドは実を取り出し、バナナ・キウイも皮をむいて一口大に切っておく(ハイパワーミキサーの場合、キウイは皮ごと使用)。パセリは軸を取り、葉の部分のみ使用。
②ミキサーにキウイ→パセリの順に入れ、パセリの葉のツブツブ感がなくなるまでしっかり回す。ミキサーが回りづらい時に限り、少量ずつ刃が回る程度水を入れる。
③アボカドとバナナを加え、再度回す。途中刃が空回りする場合のみ少量の水を足して回す。
④全ての材料が混ざり切ってなめらかになったら、器に盛りつけてトッピングを飾り出来上がり。

 

スムージーの美味しさアップ!3つのポイント

■スムージーにする際のコツ
①水はぎりぎりミキサーの刃が回る所までに。とにかく水を入れ過ぎない!
②パセリの葉は固めなので、まずしっかりキウイと混ぜ合わせる!
③バナナはぜひとも完熟を!!
完熟バナナを使用することによって、余分な甘さを足したくなる気持ちがぐっと抑えられます。
冷蔵庫で冷やすとよりフルフル食感になり美味しいです。
トッピングにしたバナナ・キウイを一緒にすくって、食べて下さいね♪

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
AUTHORs JAPAN BEAUTYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP