ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

顎関節症になりやすい「5つの生活習慣」とは?

  • ガジェット通信を≫


以前は咬み合わせの悪さから発症するとされていた顎関節症(がくかんせつしょう)ですが、最近では生活習慣が原因といわれています。

今回は顎関節症を引き起こす生活習慣について、歯科医師に詳しく聞いてきました。

顎関節症はどんな疾患で、どんな症状があらわれますか?

顎関節症は、あごの関節や関連する筋肉に異常があるために、以下のようなことが発症する慢性疾患です。

・顎関節痛

口を大きく開けたり、閉じたり、咬んだりというあごの運動時に、顎関節や筋肉に痛みが発生します。

・開口障害

多くの人は口を大きく開けた時に、指3本分の幅、だいたい4センチぐらい開くことができます。

しかし開口障害があるとこれほど口を大きく開けられません。これは顎関節や咀嚼筋(そしゃくきん)に異常が生じているためだと考えられます。

・関節雑音

咬み合わせたり、口を大きく開けたりするようなときに、顎関節がカクカクと音がする場合があります。また、あごと頭蓋骨の関節部分にある「関節円板」がずれたり変形したり、動くときに「シャリシャリ」といったこすれるような音がする場合があります。

対処法としまして、「TCH(Tooth Contacting Habit)」とよばれる、日中に上下の歯を無意識に接触させる癖がなくなると、顎関節症の症状も緩和するようです。

顎関節症の原因になる5つの生活習慣とは?

顎関節症の原因になる生活習慣としまして、以下のような行動が挙げられます。

1.歯ぎしりやくいしばり

歯ぎしりやくいしばりは、顎関節症の原因になります。対策として、就寝時に「ナイトガード」と呼ばれるマウスピースを使用する場合があります。

2.食事の時に片側で咬む

左右どちらか一方ばかりで咬む癖があると、片側だけの顎関節に大きな負担がかかります。

そのため、関節円板に損傷が起こったり筋力のバランスが崩れたり、顎がずれる(下顎の偏位)原因になります。

このときの咀嚼筋の緊張で、顎が「カクカク」「ジャリジャリ」と鳴ったり、痛んだりします。なので、食事の際は左右均等に咬むことを心がけることが対策になります。

3.頬杖をつく癖

頬杖が癖になっていると、持続的に圧迫した力が顎関節がかかります。頬杖の癖をやめる努力をしましょう。

4.うつ伏せに寝る、高い枕をする

うつ伏せに寝る習慣がある人は、あごや首の筋肉に負担がかかります。タオルなどで枕を適度な高さにすることなど、仰向けに寝られる習慣付けをするようにしてください。

また、高い枕を使用する人は、仰向けに寝ると首が前方に曲がり、食いしばる姿勢になります。枕は、首に負担が少ない高さにすると良いでしょう。

5.楽器や歌などで大口を開ける頻度が高い

管楽器などを使用した当日は、大声を出さないようにしたり、咬みごたえがあるものより軟らかめの食べ物を選んだり、できるだけあごを休ませるようにしてください。

「顎関節症かも」と思ったらすぐに医療機関に行くべきですか?

顎関節に痛みを感じる場合は、必ず歯科や口腔外科を受診してください。

また「カクカク」から「ジャリジャリ」といった、顎関節の音が以前より大きくなる場合も、医療機関で受診する必要があります。

最後に歯科医師からアドバイス

顎関節症だと気付かず無意識に加減して痛みが出ないようやり過ごしていると、突然、あるいは気付かないうちに少しずつ口を開けることができなくなる危険性もあります。

日常生活でまずは気をつける行動を紹介します。

・日常の姿勢に気を付ける

・ゆっくり咬んで食事をする

・体がリラックスした状態で就寝する

毎日の生活の基本をもう一度見直すことで、顎関節症の改善も含めて毎日を快適に過ごせるといいですね。

(監修:Doctors Me 歯科医師)

関連記事リンク(外部サイト)

女性に多いかみしめ、あごがカクカク…これって顎関節症なの?
ショック! 二重あごになっちゃった…原因はどんなこと? 改善法は?
耳がつまった感じが続く?中島美嘉も患った「耳管開放症」とは?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP