体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

GEM センター留学直前に迎えた結成3周年! 試練の日々乗り越え10人が掴んでみせた絆「離れていてもずっとGEM」

GEM センター留学直前に迎えた結成3周年! 試練の日々乗り越え10人が掴んでみせた絆「離れていてもずっとGEM」

 実力でアイドル界No.1を目指している、avex発の10人組ガールズグループ GEM。現体制最後の単独イベントにして結成3周年イベント【GEM Premium Mixture 2016 ~3rd Anniversary~】が、6月11日 新宿BLAZEにて開催された。

GEM キュートなライブ写真一覧

<GEM結成以来最大の試練、それを乗り越えて見せた10人の絆と爆発力>

 今から約半年前の1月17日、avex初のアイドル専門レーベル iDOL Streetファミリーが勢揃いする新春ライブ【iDOL Street Carnival 2016~新春!開運!歌祭り!~】が開催され、そこでセンター武田舞彩のロサンゼルス留学が発表された。後ほど舞彩自身の言葉で詳細は記すが、彼女の留学決定はファンの中ではもちろんのこと、周囲が想像している以上にグループ内にも衝撃が走り、すぐに「いってらっしゃい、私たちは日本で待ってるから」「うん、待っててね!」と笑顔を交わせるような状況にならず。それでも武田の気持ちを聞き、メンバー全員が留学を前向きに受け止め、3月の新シングル&初アルバムのリリースに向けて10人は全力でキャンペーンやイベントを繰り広げてきた。

 そんな最中で更なる激震がGEMを襲う。圧倒的なダンススキルや愛嬌あるキャラクターで人気を博しているメンバー・伊山摩穂が体調不良の治療に専念するため一時活動休止。何があろうとも満面の笑みと全力のパフォーマンスで眩くあろうとするGEMだが、さすがに苦労や疲労が表に出てしまう瞬間も見受けられるようになった。しかしその歩を止めることなく「GEMは10人」と言い続け、その想いに応えるようにやがて伊山が現場復帰を果たすと、その直後に大阪と東京で開催されたワンマンライブ【GEM Live Mixture 2016 ~Best 10ct Forever~】では、メンバーもファンも涙を流しながら「We’re GEM!」と歌い叫んでみせたりと、強烈な多幸感と一体感を生み出していた。

 そして6月11日 新宿BLAZE。結成から3周年を迎えたこの日、GEMは今ここに記した試練の日々にも言及しつつ、10人が掴んでみせた絆をステージで爆発的に体現してみせた。

<GEMへの想い込めた合唱「上手く混ざらないときもあるけど それでもいい」>

 この日のイベントは「Talk Mixture」なる各メンバーによる企画コーナーも設けられており、伊山摩穂は全メンバーのブログを遡りながら、今読むとめちゃくちゃ恥ずかしい内容をわざわざ掘り返し、メンバーが悲鳴を上げるという、しかしファンはニヤニヤしているという素敵なコーナーを展開。金澤有希がかつて記した妄想恋愛を本人に寸劇させ、その相手役の武田舞彩と爆笑を誘う場面もあった。

 また、村上来渚の発案企画では、なんと村上がアコースティックギターで自作の曲を演奏し、それをメンバー10人で歌い上げていくというキャンプファイヤー的なグッと来る展開も。「一人一人ちがう色があって うまく混ざらない時もあるけど それでもいい どんな色だって それが私達の色なんだから」「いま となりをみれば 信じ合える仲間がいるから 不安も希望も全部握って 勇気にかえていこうよ」「これから先もずっとずっと大好きだよ」ギターも作曲も初心者ながらもGEMへの想いを綴ったフレーズたちは、しっかりとGEMILY(GEMファンの総称)の胸にも刺さったことだろう。

 鳴り止まない拍手に村上は声を震わせながら「ありがとうございました」と告げ、「いろいろ思い通りにいかないことがいっぱいあって、自分の思ってた自分にはなれてなかったりして、GEMも悩む事もいっぱいあるけど、1人じゃないし、この10人でどんなことがあっても乗り越えていこうね、っていう気持ちを書いた歌でした」と語った。なお、この曲のタイトルはまだ決まっていないそうで、村上いわく「ブログで募集します」とのこと。

<ロサンゼルスへ旅立つ武田舞彩の手紙「離れ離れのストーリーは、いつか重なるから」>

 そして「Talk Mixture」のトリを務めた武田舞彩は、「今日はメンバーに手紙を書いてきました」と手紙を取り出した。もうこの時点で目頭を押さえる伊山。客席から「早すぎる」とツッコミもあったが、このブロック、最終的には誰もが伊山状態となる。BGMは「We’re GEM!(オルゴールver.)」。

1 2次のページ
Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。