体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

全部の市町村に温泉が湧く県!絶景あり、風情あり、日帰り温泉14湯【山形】

全部の市町村に温泉が湧く県!絶景あり、風情あり、日帰り温泉14湯【山形】 日帰り温泉75湯 宮城

山形県には、風情ある温泉が数多くあります。

そして、見逃せないのは、あつみ温泉や湯野浜温泉など、山と海の眺望を楽しめる温泉が多数あること!

日帰りで、絶景温泉を堪能!そんな贅沢な時間を過ごすこともできちゃいます。

今回は、山形県内の日帰り温泉をご紹介。ちょっと時間ができたら、日帰り温泉へのショートトリップをしてみませんか。

1.湯守の宿 三之亟【山形県最上町】

江戸時代より伝統の「湯かき穴」。自慢の天然岩風呂に往時を想う。

湯守の宿 三之亟

天然の巨大な石をそのまま使った岩風呂は、江戸時代より伝わる形

863年の開湯とされる名湯・赤湯温泉の湯宿。天然岩を削って湯船にした大岩風呂は3つの湯船があり、それぞれ湯温が異なる。浴槽底面が一部深くなっており、そこからお湯をすくってかき出す「湯かき穴」がある。 湯守の宿 三之亟(さんのじょう)

TEL/0233-45-2301

住所/山形県最上郡最上町大字富沢884

定休日/なし

アクセス/東北中央道東根ICより1時間

駐車場/30台

「湯守の宿 三之亟」の詳細はこちら

2.加登屋旅館【山形県鮭川村】

特筆すべきその泉質は重曹泉。とろとろっとした湯の感触が癖に。

加登屋旅館

山奥にたたずむ隠れ家的な宿。自慢の重曹泉は間欠泉状態で自噴する

「清流ときのこの里」鮭川村にある羽根沢温泉は、大正時代に石油採掘の際に湧いたのが始まりといわれている。泉質は重曹泉で、とろとろっとした感触の珍しい温泉。湯上がり時にはさっぱりしていると、リピーターの間でも評判だ。 加登屋(かとや)旅館

TEL/0233-55-2525

住所/山形県最上郡鮭川村中渡1312

定休日/なし

アクセス/山形道山形北ICより1時間30分

駐車場/50台

「加登屋旅館」の詳細はこちら

3.優心の宿 観月【山形県大蔵村】

銅山川のせせらぎにくつろぐ湯宿。最上階の湯船で肘折の湯を満喫。

優心の宿 観月

展望露天風呂からは昔ながらの町並みが望め、穏やかな時を感じられる

開場1200年の歴史を持つ肘折温泉は、「あったまりの湯」の別名を持つ名湯。観月は月山から流れる銅山川に面して建つ宿で、最上階に大浴場と露天風呂がある。温泉は肌にやさしい炭酸水素塩泉でゆったりくつろげる。 優心の宿 観月(かんげつ)

TEL/0233-76-2777

住所/山形県最上郡大蔵村南山513

定休日/なし

アクセス/山形道山形北ICより1時間30分

駐車場/30台

「優心の宿 観月」の詳細はこちら

4.卯の花温泉 はぎ乃湯【山形県長井市】

卯の花姫伝説をテーマにした湯は、湯量も豊富な源泉100%掛け流し。

卯の花温泉 はぎ乃湯
1 2次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。