体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【30万円で始められる!?】“脱サラ農業”が今、人気のワケ

【30万円で始められる!?】“脱サラ農業”が今、人気のワケ
f:id:k_kushida:20160615183758j:plain

■給付金の影響で、20代、30代で農業を始める人が増えている

「20代、30代で農業を始める人がここ数年、急増しています。会社員を辞めて農業を始める、いわゆる“脱サラ農業”をする人も多いですよ」。こう語るのは、農業コンサルタントの田中康晃氏。行政書士として農業を始めるための許可申請代行をするかたわら、兵庫県で会社員のための週末農業塾を開いている就農のエキスパートだ。f:id:k_kushida:20160615165442j:plain

▲行政書士・農業コンサルタント 田中康晃氏

大学卒業後、1996年に電機メーカーに就職。営業職として働く傍ら、市民農園で農業を始める。その後、行政書士の資格を取り、33歳で退職。2006年に農業専門の行政書士として独立。就農コンサルティングも始める。兵庫県神戸市にある就農のための学校(農業塾)「合同会社エースクール」代表。同文館出版より農起業マニュアル書籍刊行予定。http://aschool.info

農林水産省の「農家就農動向調査」によると、39歳以下で自ら土地を調達し新規で農業を始めた人の数は、6年前の2010年には600人だったにもかかわらず、2012年、2013年には1500人、2014年には2000人と、ここ数年で増加している。

なぜ、今農業なのか。前出の田中氏に聞くと、一番大きな理由は、2012年から「青年就農給付金」がスタートしたことだとか。「青年就農給付金」とは、農林水産省が青年の就農意欲の喚起と就農後の生活の安定を目的に作った制度で、就農前の研修期間と経営が不安定な就農直後に給付金が支給されるというもの。対象は45歳未満の就農希望者。最長2年間の研修期間は年間最大150万円が給付され、新しく農業を始めた際は経営が安定するまでの最長5年間、年間最大150万円が給付される。ただし、研修後一年以内に就農すること、最低でも5年間農業を続けることなど、いくつか制約がある。しかし、年間最大150万円の給付は、資金が乏しい20代30代にとって、非常にありがたい制度であることに変わりはない。

■1000平米の畑でナスを作ると、年間収入は約180万円

1 2 3 4次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会