ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スイスの大富豪 6000万円の車を6億円で改造し10億円で販売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 金で固められた豪邸、まばゆい内装の自家用ジェット、デコレーションされたオリジナルベンツ……。かつてイギリスの歴史家、トーマス・フラーは「金持ちの快楽は、貧乏人の涙によってもたらされる」と記した。とすれば、これは貧しき者たちの涙の塊だろうか。パナマ文書によって、改めて世界における富の偏在の問題が明らかになった。その片方の極み、富める者たちの生活から我々は何を考えるべきだろうか。

 美術館、タイレストラン、ディスコ、モダンアートデザインスタジオを所有しているスイスの実業家、ウエリ・アンリカー氏の車が10億円の価格で売り出された。

 豪華なメルセデスベンツ「SLRマクラーレン 999 RED GOLD DREAM」。SLRマクラーレン自体6000万円もするスーパーカーだが、アンリカー氏は5kgの金でパーツを作成し、600個以上のルビーでデコレーションするなど、ド派手に改造した。

 約6億円の改造費を注ぎ込み、かかった改造時間は3万時間。彼はこの改造車を自分のキャリアにおける最高傑作だと豪語している。

※SAPIO2016年7月号

【関連記事】
ドバイ警察に超リッチな「スーパーカー部隊」 3億円高級車も
ラーメン通米国人が「アメイジング!」と叫んだ絶品ラーメン
「忍者元年宣言」イベント 女優・肘井美佳が忍者アピール

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP