ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

妻・麻央に献身する海老蔵が酒に溺れた4月の夜

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「進行具合はスピードが速くて。なかなか大変なものではないかというご意見をお医者様から受けました」。6月9日、市川海老蔵(38才)は会見で、妻の麻央(33才)が乳がん闘病中であることを明かした。

 会見後、海老蔵のブログには、《涙が出ました》《また元気な麻央さんの姿が見たいです》など、1万件を超えるコメントが殺到した。芸能界からも、和田アキ子(66才)や寺島しのぶ(43才)、同じく乳がんを患った北斗晶(48才)、南果歩(52才)ら数多の人間から激励のメッセージが届いている。中でも、読売テレビ・清水健アナ(40才)の番組中の発言が多くの人々の胸を打った。

「お母さんって、ママって本当に強いなと思う」
「そばで見守る家族もつらい。仕事をしている時だけ忘れられる、という人もいるけど、実際は離れれば離れるほど不安なんです。心配なんです…」

 同じ病を知る男の痛切な思いがにじみ出る。昨年2月11日、清水アナの妻・奈緒さんが29才の若さで亡くなった。末期の乳がんだった。奈緒さんの乳がんが発覚したのは、第一子を妊娠中の2014年5月のこと。投薬治療は胎児への影響が大きく、清水アナと奈緒さんは究極の2択を突きつけられた。治療をせずに子供を産むか、出産を諦めて母体を取るか──。夫婦が出した結論は、「母体も子供も救う」。

 清水アナは闘病中の日々を自著『112日間のママ』で明かしている。

《僕は走り回った。いったいいくつの病院を回っただろうか。平日朝9時から夜7時まで働き、その合間を縫って医師にあった》
《初めて抗がん剤を投与する日、僕は奈緒の手を横で握りしめてた。奈緒の手が震えているのかと思ったら、震えているのは僕の手だった》

 2014年10月、奈緒さんは無事に男児を出産。しかし直後、肝臓と骨髄への転移が発覚する。産後わずか2週間で余命3か月を告げられるという悲劇が待ち受けていた。

《僕は毎晩、大阪病院に泊まった。病院から会社に出社し、仕事が終わると病院に直行》
《夜、熱を出している妻を見て、看病と心配でたまらなくて、でも奈緒をお義母さんに託して仕事に行って、本番をやって、家に帰ってきてすぐ息子の世話をして。その間、ずっと他に手立てはないのかを考えて情報収集して》
《しんどかった。もう頭がパンパンだった》

 それでも、彼はテレビの仕事をこなし、妻の看病と息子の世話をした。妻が亡くなる直前まで、一日も休まずに。「私だって、行けるなら仕事に行きたい」。妻のひと言が、彼を支えていた。海老蔵の日常もまた、当時の清水アナに重なる。

「もちろん麻央さんのお見舞いと看病も欠かさず、家に帰れば子供を風呂に入れ、ご飯を食べさせて寝かしつける。休みの日は公園に連れて行って遊んであげて…。すさまじい密度の毎日です」(別の歌舞伎関係者)

 子供の学校選びも、麻央の体調を優先させた。昨年春、長女(4才)は都心の名門私立幼稚園に合格。だが、長女は最終的に麻央の実家に近い仏教系の幼稚園に入園した。

「合格した私立幼稚園は、一年を通じて保護者が参加すべきイベントが非常に多い。すでに麻央さんは闘病中でしたから、彼女の体調を鑑みた海老蔵さんが入園を辞退したんです」(前出・歌舞伎関係者)

 全ては麻央を治すため──名門校を蹴った裏に、海老蔵の一念が見える。

 乳がんが発覚した2014年10月から今日まで、改めて海老蔵のブログを見ると、麻央への想いが溢れている。

《今日はゆっくりふたりでお話しました。いつもは子供達が楽しく遊んでいるのでなかなか話せないこととか。本当に支えられているのだなぁとつくづく感じます》(2014年10月21日)
《今日は全てを忘れてマオとの時間を大切にしたいと思います》(同年11月24日)

 今年1月17日には、《今日は二人でお話タイム》という一文と共に、麻央と手を握り合う写真がアップされている。

 言うまでもなく、最もつらいのは病の妻であり、夫の献身は当然だという声もある。だが、清水アナが《頭がパンパンだった》と振り返るように、闘病を支える夫の苦労は、愛があればすべて乗り越えられるほど甘くない。ひとりになると挫けそうな思いにかられることもあるだろう。

 会見翌日、海老蔵はブログで《全てを受け止める。のですが、稀に現実逃避もしたくなる日もある》と綴った。

 4月末の深夜2時、東京・西麻布の裏路地での出来事である。路上で仰向けに寝転がる男性に、通行人は目を背けた。周囲には吐しゃ物。ひと目で酔っ払いだとわかった。

「だれも介抱しようとする人はいなかったけど、どこかで見た顔だなと引っかかり…。気になって近づいたら、いや、驚きました」(目撃者)

 行き倒れていた男は、海老蔵だった。2010年11月の“泥酔暴行事件”を機に酒を減らしてきた海老蔵だったが、この日は酒に溺れた。彼の張り詰めた心の表れだったのかもしれない。

※女性セブン2016年6月30日号

【関連記事】
病院の海老蔵・麻央を隠し撮りしたフジ 怒られなかった理由
2002年に誕生した海老蔵の娘の近況 母「今が一番いい関係」
海老蔵の母 暴行事件後の麻央に「よくやってる」と太鼓判

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。