ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

稲田・山尾対談「女性だから」という観点で書かれモヤモヤ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 公示まで1週間を切った7月の参議院選挙を目前に、自民党と民進党の政調会長、稲田朋美衆議院議員(57才)と山尾志桜里衆議院議員(41才)が激しく議論を交わした。

 2人が初めて出会ったのは民主党政権時代の衆議院法務委員会。お互い理事を務めていて、野党だった稲田議員が「攻める」側だった。まずはお互いの印象と共通点について聞いたところ──。

稲田:当時から山尾さんはすごく論理的だった。私も法律家なので、論理立った思考はすごく理解できます。質問の歯切れもよく、山尾さんの質問はよく見ています(笑い)。

山尾:お互いに論理を積み上げて議論するタイプですが、悪くいえば理屈っぽい(笑い)。でも私が政調会長になって気づいたのは、理屈を積み上げて相手を追及しても、メディアでは、「噛みついた」と報じられることでした。

稲田:そうなのよね。エキセントリックなイメージで。

山尾:男性議員が同じことを言っても「噛みついた」とはならない。決して感情的になってないのに、“女性だから”という観点で書かれてしまう。

稲田:(大きくうなずいて)そうそう。今言われて、これまで“何か違う”とモヤモヤしていた理由がわかりました。結局、私たちは理屈で攻めたつもりなのに、男性社会の政界ではどうしても、“女性だから感情的になった”というイメージで書かれる。そこは抵抗がありますね。

〈稲田議員は1985年に弁護士登録し、山尾議員は2004年に検察官となった(2007年退官)。年齢差はあるが、お互いに法曹界、そして政界で感じたのは、女性の社会進出が進まない現実だった〉

稲田:私の時代は女性の司法修習生に検察や裁判所からの誘いはまずなかった。

山尾:ええっ、そうでしたか。

稲田:大学が同じで、同じときに司法試験に合格した私の夫は検察、裁判所、法律事務所と引く手あまただったのに、私のところにはなし。それは私の能力がないのではなく、女性だからだと思いたいよね(苦笑)。

山尾:私の時代は検事を志望する女性が増えたとはいえ、まだまだ男性のほうが多かった。稲田さんは弁護士なので、人権や女性の問題を前に進めたいという願いが強いはずですが、安倍政権では思うようなスピードで進まないので困ったりしませんか?

稲田:いえ、自民党は人権に無関心と思われがちだけど、私が政調会長になってからヘイトスピーチやLGBT(性的少数者)の問題を人権の問題として解消することを進めています。特命委員会を作ってLGBTの問題を進めたときは、「自民党らしくない」「ブレた」と批判されました。「左翼」の運動ではなく「人権」の問題と理解してもらうのに苦労しました。

山尾:私たちもLGBTの差別解消や、できるだけ男女同数の政治家を目指すクオータ制の法案を国会に提出しました。今、衆議院に女性議員は1割という状況。与党と野党第一党の政調会長が女性というタイミングでぜひ、女性議員を増やす政策を一緒に進めたいですね。

稲田:それはぜひやっていきましょう。

【プロフィール】
稲田朋美/いなだ・ともみ 早稲田大学卒業後、1985年、弁護士となる。2005年、衆議院選挙に自民党公認で福井1区から出馬し初当選。2012年、第2次安倍内閣で、内閣府特命担当大臣(規制改革・行政改革等)に就任する。2014年から自民党の政務調査会長。

山尾志桜里/やまお・しおり 東京大学卒業後、2004年に検察官となる。2007年退官。2009年の衆議院選挙に、民主党公認で愛知7区から出馬し初当選。現在は民進党の政務調査会長。

※女性セブン2016年6月30日号

【関連記事】
4階の自宅から転落した三宅雪子議員 夫の助言で6キロやせる
初入閣の丸川珠代氏 党内「女の戦い」では稲田朋美氏優勢か
自民・稲田氏と民進・山尾氏 「女性政治家」としての思い

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。