体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

カップルにおすすめ【島根】人気デートスポット20選!縁結びにも!

カップルにおすすめ【島根】人気デートスポット20選!縁結びにも! 170823_島根

神話の舞台になっていることもあり、パワースポット巡りが大人気の「島根」。

世界遺産などの文化的景観や絶景の夕日など、ロマンチックなスポットも多い県です。

じゃらん編集部ではカップルにおすすめのデート情報として、島根のデートスポットを徹底調査。定番から穴場まで全20スポットを紹介します。

(※紹介施設はじゃらんnet観光ガイドから抜粋しました)

記事配信:じゃらんニュース

足立美術館庭園

170823_足立美術館庭園出典:じゃらん 観光ガイド 足立美術館庭園

近代日本画を中心とした美術館で,自然環境を生かした1万3千坪の純日本風の庭園は,枯山水庭,白砂青松庭,苔庭,池庭など館内至る所から異なった風情を楽しめます。

春はツツジ,夏は新緑,秋は紅葉,冬は雪景色と,四季それぞれの美しい庭園は一見の価値あり。

米国の日本庭園専門誌「ジャーナル・オブ・ジャパニーズ・ガーデニング」の庭園ランキングで12年連続日本一(2003~2014)に選ばれ、海外でも高い評価を得ています。

\口コミ ピックアップ/

テレビでしか見たことが無かったのですが、お庭の凄さ、毎日のお手入れがどんだけ大変なのか、それを思ってしまいました。見える景色に拘って遠くの山や滝まで作ってしまうなんで凄すぎます。

(行った時期:2017年7月) 足立美術館庭園

住所/島根県安来市古川町320

「足立美術館庭園」の詳細はこちら

ぐるっと松江堀川めぐり

ぐるっと松江堀川めぐり出典:じゃらん 観光ガイド ぐるっと松江堀川めぐり

乗船場所3ヶ所:松江堀川ふれあい広場,カラコロ広場,大手前広場

\口コミ ピックアップ/

気温も30度を超える中で、川べりは風も涼しく気持ちよかったです。一歳の息子も一緒でしたが、普段とは違う景色で楽しめて、川の亀や鳥たちを見て楽しそうでした。船の屋根の上げ下げや船頭さんの歌声なども面白く、ゆっくりと楽しめました。

(行った時期:2017年7月) ぐるっと松江堀川めぐり

住所/島根県松江市黒田町507-1松江堀川ふれあい広場

「ぐるっと松江堀川めぐり」の詳細はこちら

松江城

松江城出典:じゃらん 観光ガイド 松江城

堀尾吉晴の入封によって慶長16年(1611)に完成した。五層六階の天守閣を中心に,6基の櫓を構えた。堀尾氏三代につづき,京極忠高が入城したが,嗣子なく断絶。のち松平直政が入封,松平氏が明治までつづいている。現存する天守閣では,姫路城,松本城と松江城だけが五層の天守閣をもっている。別名,千鳥城という。城跡は城山公園と呼ばれ,二ノ丸跡には松江神社と木造洋館興雲閣がある。◎堀尾吉晴(1543-1611)尾張生れ。戦国武将。豊臣秀吉に仕え戦功。豊臣家三老中の一人。関ケ原戦後出雲へ入封,広瀬富田城から松江へ移り,松江城と近世城下町を創る。◎松平直政(1601-66)近江国生れ。松江松平藩祖。結城秀康の子で徳川家康の孫。一四歳のとき大坂冬の陣での活躍は有名。藩主として堅実な藩経営を行い,松江藩の基礎を築く。◎松平治郷(1751-1818)江戸生れ。松江松平藩七代藩主。不昧と号し,茶道で有名。幼少より茶道を学び奥義をきわめる。藩収入の増大で高価な道具収集に執着。大名茶人,風流人の代表人物。また、松江城では毎日9時と13時30分にガイドを行ってます。

1 2 3 4 5 6次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。