ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

カップルにおすすめ【島根】人気デートスポット20選!縁結びにも!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
カップルにおすすめ【島根】人気デートスポット20選!縁結びにも! 170823_島根

神話の舞台になっていることもあり、パワースポット巡りが大人気の「島根」。

世界遺産などの文化的景観や絶景の夕日など、ロマンチックなスポットも多い県です。

じゃらん編集部ではカップルにおすすめのデート情報として、島根のデートスポットを徹底調査。定番から穴場まで全20スポットを紹介します。

(※紹介施設はじゃらんnet観光ガイドから抜粋しました)

記事配信:じゃらんニュース

足立美術館庭園

170823_足立美術館庭園出典:じゃらん 観光ガイド 足立美術館庭園

近代日本画を中心とした美術館で,自然環境を生かした1万3千坪の純日本風の庭園は,枯山水庭,白砂青松庭,苔庭,池庭など館内至る所から異なった風情を楽しめます。

春はツツジ,夏は新緑,秋は紅葉,冬は雪景色と,四季それぞれの美しい庭園は一見の価値あり。

米国の日本庭園専門誌「ジャーナル・オブ・ジャパニーズ・ガーデニング」の庭園ランキングで12年連続日本一(2003~2014)に選ばれ、海外でも高い評価を得ています。

\口コミ ピックアップ/

テレビでしか見たことが無かったのですが、お庭の凄さ、毎日のお手入れがどんだけ大変なのか、それを思ってしまいました。見える景色に拘って遠くの山や滝まで作ってしまうなんで凄すぎます。

(行った時期:2017年7月) 足立美術館庭園

住所/島根県安来市古川町320

「足立美術館庭園」の詳細はこちら

ぐるっと松江堀川めぐり

ぐるっと松江堀川めぐり出典:じゃらん 観光ガイド ぐるっと松江堀川めぐり

乗船場所3ヶ所:松江堀川ふれあい広場,カラコロ広場,大手前広場

\口コミ ピックアップ/

気温も30度を超える中で、川べりは風も涼しく気持ちよかったです。一歳の息子も一緒でしたが、普段とは違う景色で楽しめて、川の亀や鳥たちを見て楽しそうでした。船の屋根の上げ下げや船頭さんの歌声なども面白く、ゆっくりと楽しめました。

(行った時期:2017年7月) ぐるっと松江堀川めぐり

住所/島根県松江市黒田町507-1松江堀川ふれあい広場

「ぐるっと松江堀川めぐり」の詳細はこちら

松江城

松江城出典:じゃらん 観光ガイド 松江城

堀尾吉晴の入封によって慶長16年(1611)に完成した。五層六階の天守閣を中心に,6基の櫓を構えた。堀尾氏三代につづき,京極忠高が入城したが,嗣子なく断絶。のち松平直政が入封,松平氏が明治までつづいている。現存する天守閣では,姫路城,松本城と松江城だけが五層の天守閣をもっている。別名,千鳥城という。城跡は城山公園と呼ばれ,二ノ丸跡には松江神社と木造洋館興雲閣がある。◎堀尾吉晴(1543-1611)尾張生れ。戦国武将。豊臣秀吉に仕え戦功。豊臣家三老中の一人。関ケ原戦後出雲へ入封,広瀬富田城から松江へ移り,松江城と近世城下町を創る。◎松平直政(1601-66)近江国生れ。松江松平藩祖。結城秀康の子で徳川家康の孫。一四歳のとき大坂冬の陣での活躍は有名。藩主として堅実な藩経営を行い,松江藩の基礎を築く。◎松平治郷(1751-1818)江戸生れ。松江松平藩七代藩主。不昧と号し,茶道で有名。幼少より茶道を学び奥義をきわめる。藩収入の増大で高価な道具収集に執着。大名茶人,風流人の代表人物。また、松江城では毎日9時と13時30分にガイドを行ってます。

\口コミ ピックアップ/

天守閣を見るのが好きで各天守閣を見ています。松江城は国宝で、内部も木製でした。階段も急で当時の面影を残し、階段一段一段踏みしめて、最上階へ登頂しました。松江の殿様の気分で城下町を見聞しました。

(行った時期:2017年7月28日) 松江城

住所/島根県松江市殿町1-5

「松江城」の詳細はこちら

宍道湖夕日スポット

宍道湖夕日スポット出典:じゃらん 観光ガイド 宍道湖夕日スポット

時がたつにつれ様々に表情を変化させる美しい夕日は「水の都松江」の象徴。日本の夕日100選にも選定されています。「宍道湖の夕日スポット」は、そんな宍道湖の夕日を嫁ヶ島や袖師地蔵とともに眺めることのできる絶景のポイントです。湖沿いに遊歩道や、腰かけて夕日を楽しめるテラスが整備されています。【場所】場所は、国道9号線沿い嫁ヶ島バス停に位置し、反対車線側(松江警察署前)は駐車場に。駐車場からは、道路を安全に渡れるよう地下道も設置されています。【日没時刻】HPで「日没時刻」又、「週間夕日指数(夕日予報)」を毎日公開中です。湖を囲む山々に落ちる夕日は通常の日没よりも早め。夕日鑑賞は、指定された日没時刻の約30分前からが最適です。

\口コミ ピックアップ/

天気の良い日は、広い宍道湖に沈むオレンジの夕陽、嫁が島の景色、本当に素敵ですよ。嫁島の9号線沿いには.湖岸に散歩道もありますので、是非眺めてみて下さい。

(行った時期:2017年7月) 宍道湖夕日スポット

住所/島根県松江市袖師町5

「宍道湖夕日スポット」の詳細はこちら

玉造温泉

玉造温泉出典:じゃらん 観光ガイド 玉造温泉

松江市の西南約8km,三方を山に囲まれた温泉で,宍道湖に注ぐ玉湯川に沿って旅館が軒をつらねている。近代的なホテルのほか,白木造りの純和風旅館もあり,ツツジを眺めながら,庭の中の露天風呂にゆっくりつかれる宿もある。各旅館は味に力を入れており,コイの姿造り,松葉ガニ,モロゲエビ,スズキなどが名物料理。温泉の東部にある標高199mの花仙山を中心とする丘陵には,良質の青めのうが産出し,現在は,青めのうを主体としてみやげものになっている。

\口コミ ピックアップ/

主人と2人で宿泊で行ったのですが、玉造温泉街全体にあらゆる観光スポットがありとても楽しかったです。 夜ご飯とお風呂を済ませたあとも、浴衣で夜の温泉街を散策できます。 周りの旅館に泊まっている方たちもたくさん出歩いていたので不安もなく、足湯などがあり大変満足できました。 また行きたいと主人と話しています。

(行った時期:2017年5月) 玉造温泉

住所/島根県松江市玉湯町玉造,湯町

「玉造温泉」の詳細はこちら

しまね海洋館アクアス

しまね海洋館アクアス出典:じゃらん 観光ガイド しまね海洋館アクアス

約400種1万点の生物を展示する中国・四国地方最大級の水族館。中でも大手携帯会社のCMにも起用され全国的にも有名となったシロイルカによるパフォーマンス「幸せのバブルリング」®は必見。このリングを観た方には幸せが訪れるという噂もありますよ。また、平成23年4月にOPENした「新シロイルカプール」では、平成21年8月に生まれたシロイルカの仔獣がご覧いただけます。母シロイルカと仲良く泳ぐ姿や身体の色の違いなど全国でもあまりお目に出来ない姿をご覧いただけます。その他、4種類のペンギンたちを展示している「ペンギン館」、約15種類サメを展示している「サメ大水槽」など見所満載な水族館。

\口コミ ピックアップ/

白イルカのバブルリングで有名なアクアスです。 仲は結構ひろく、一日中みてまわれそうでした。 イルカショーもたくさんの人が来ていましたが、わりとゆったり見ることができました。 駐車場もたくさんあります。

(行った時期:2016年6月) しまね海洋館アクアス

住所/島根県浜田市久代町1117番地2

「しまね海洋館アクアス」の詳細はこちら

出雲日御碕灯台

出雲日御碕灯台出典:じゃらん 観光ガイド 出雲日御碕灯台

基礎上43.7m・海面から63mで石積み灯台としては日本一の高さと言われている。

\口コミ ピックアップ/

海岸線は起伏にとみ遊歩道も整備され、ベンチもあり散歩するには最高です。水平線が見えて地球が丸い事がわかる場所でした。

夕陽を隠すものがなく、最後まで沈むところを見る事が出来よかった。

(行った時期:2017年6月) 出雲日御碕灯台

住所/島根県出雲市大社町日御碕

「出雲日御碕灯台」の詳細はこちら

島根県立古代出雲歴史博物館

島根県立古代出雲歴史博物館出典:じゃらん 観光ガイド 島根県立古代出雲歴史博物館

\口コミ ピックアップ/

出雲地方の古代の銅鐸やその他の宝物が沢山展示している。また、古代出雲大社の模型があり当時日本一の高さを誇っていたことが証明されている。是非立ち寄る価値あり。ただ、入場が有料なので割引などを利用したほうがいい。

(行った時期:2017年5月) 島根県立古代出雲歴史博物館

住所/島根県出雲市大社町杵築東99-4

「島根県立古代出雲歴史博物館」の詳細はこちら

島根県立美術館

島根県立美術館出典:じゃらん 観光ガイド 島根県立美術館

絵画,版画,工芸,写真,彫刻各分野の優れた作品を常設展示すると共に企画展示も行う。

\口コミ ピックアップ/

ロビーや建物外のオブジェは自由に見学でき、日没までいられるので宍道湖の夕陽を見るのに最適と思います。館内ショップには宍道湖七珍柄のネクタイなどおもしろいものがたくさんありました。

(行った時期:2017年4月) 島根県立美術館

住所/島根県松江市袖師町1-5

「島根県立美術館」の詳細はこちら

松江フォーゲルパーク

松江フォーゲルパーク出典:じゃらん 観光ガイド 松江フォーゲルパーク

世界でもめずらしい花と鳥の公園です。花の展示温室は,世界最大級の規模で,年中満開の数千種のベゴニア,フクシアを中心とする花の別天地が楽しめます。また,2つの鳥の温室をはじめ園内各所でたくさんの鳥たちと出会えます。

\口コミ ピックアップ/

フクロウショーなどもあるので、子連れに人気スポットですが、女子会もなかなか良かったです。入り口正面にはとてもきれいな花がいっぱいです。

(行った時期:2017年5月) 松江フォーゲルパーク

住所/島根県松江市大垣町52

「松江フォーゲルパーク」の詳細はこちら

献上そば羽根屋

献上そば羽根屋出典:じゃらん 観光ガイド 献上そば羽根屋

出雲市駅近くの有名そば店。ここのそばはいわゆる出雲そばとはちょっと違い、つるっとしてのどごしがよく、そばつゆもすっきりめ。(出雲そばはやや甘め)20時まで空いているので出雲観光の後でも立ち寄れる。(じゃらん現地スタッフの耳より情報)

\口コミ ピックアップ/

釜揚げそばと出雲そばをいただきました。釜揚げそばは湯の中にそばが浸かった状態で提供されつゆを好みの濃さに入れて食べるという初めてのものでした。これがとてもおいしかった。つゆを入れずにそのままが特に気に入りました。

(行った時期:2017年4月) 献上そば羽根屋

住所/島根県出雲市今市町549

「献上そば羽根屋」の詳細はこちら

仁摩サンドミュージアム

仁摩サンドミュージアム出典:じゃらん 観光ガイド 仁摩サンドミュージアム

世界最大の砂時計,砂のアート展示。 TBS愛の劇場『砂時計』(芦原妃名子氏原作)の舞台にもなった。

\口コミ ピックアップ/

娘のリクエストにて訪問。

一年間かかって砂が落ちるという 砂時計がメインのミュージアムです。

砂でかえるの鳴き声を出せる仕組み、いろいろな砂浜の砂を顕微鏡で見れる等、

大人も子供も楽しめるところでした。

世界遺産・石見銀山にも近い所です。

(行った時期:2017年7月) 仁摩サンドミュージアム

住所/島根県大田市仁摩町天河内975

「仁摩サンドミュージアム」の詳細はこちら

道の駅 キララ多伎

キララ多伎出典:じゃらん 観光ガイド 道の駅 キララ多伎

海に張り出す丘の上にたつ北欧風の建物は、記念撮影に格好のスポット。眼下には、ビーチや遊歩道も設けられ、道の駅としてだけでなく、レジャースポットとしても賑わっている。多伎町特産のいちじくを使ったソフトクリームやクレープが人気。他にもいちじく加工品などの特産品も多数取り揃えている。

日本海を一望する道の駅人気抜群海鮮たこ焼き!

\口コミ ピックアップ/

出雲大社の帰りに初めて利用。

子供連れに最適な遠浅の綺麗な砂浜が広がり、波もあり楽しめる。

お土産からお食事まで楽しめる施設

(行った時期:2017年7月) 道の駅 キララ多伎

住所/島根県簸川郡多伎町多岐135-1

「道の駅 キララ多伎」の詳細はこちら

石見銀山遺跡

石見銀山遺跡出典:じゃらん 観光ガイド 石見銀山遺跡

かつて銀山として栄え、今では日本を代表する鉱山遺跡としてユネスコの世界遺産(文化遺産)への登録もされた、出雲観光の外せない名所。

最盛期は日本の銀産出の三分の一ほどを支え、日本の歴史において重要な役割を担ったレガシーの一つです。

発見されたのは鎌倉時代末期にも遡り、江戸幕府により支配されるまで銀山の争奪などにより、数多くの戦いが繰り広げられてきました。

現在は、世界遺産への登録に伴い、環境への負荷に配慮された移動手段を導入していることでも知られています。

また、周辺には昭和51年に地元有志が資料館として開館した、邇摩郡役所をそのまま利用して作られた石見銀山資料館もあります。

\口コミ ピックアップ/

ずうっと、端から端まで歩いて見て回りました。やっぱり古い街並みや遺跡は昔の人と同じように自分の足で歩いてみるのが一番だと思います。まず、良かったことは、古い街並みを大切にしていること。雰囲気を壊すような店舗が見当たらない。

よその観光地でがっかりしたことがある。古い街並みを売りにしていながら、お土産屋、コーヒーショップなどこれ見よがしに出店しているので、古い街並みというよりもまるで商店街でした。でもここはお土産屋さんも控えめで、目立たないよう抑えた看板や店構え。住民生活には多少不便かもしれませんが観光客にとってはありがたいことです。肝心の銀山は広いエリアの一番奥、単なるトンネルであっさりし過ぎているが、変な電動人形が置いてあるよりいい。当時の銀堀に使った道具などはあってもいいかなと思いました。

(行った時期:2017年6月29日) 石見銀山遺跡

住所/島根県大田市大森町

「石見銀山遺跡」の詳細はこちら

温泉津温泉(湯元)震湯・薬師湯

温泉津温泉(湯元)震湯・薬師湯出典:じゃらん 観光ガイド 温泉津温泉(湯元)震湯・薬師湯

日本温泉協会公認の5星の天然温泉。薬効豊かなかけ流し湯で源泉は施設の後ろにある。湯の華が湯質の良さを物語る。原爆治療にも活用された湯は生活習慣病、リウマチや関節炎、皮膚病等まさに万病に効果があると口コミの利用者や常連客が多い。レトロ調の建物は併設の震湯ギャラリーと共に温泉街のシンボル。

明治5年の浜田地震で湧き『震湯』と呼ばれる

\口コミ ピックアップ/

となりの男湯から息子の絶叫が聞こえました(笑)ダンナがゲラゲラ笑ってた。熱い熱い!熱湯。お風呂の浸かり方の説明がありましたが、4分も入れない。上がってからも汗が噴き出す。

(行った時期:2016年9月2日) 温泉津温泉(湯元)震湯・薬師湯

住所/島根県邇摩郡温泉津町温泉津

「温泉津温泉(湯元)震湯・薬師湯」の詳細はこちら

稲佐の浜

稲佐の浜出典:じゃらん 観光ガイド 稲佐の浜

国譲りの神話で有名な海岸で,「神迎え」の神事が行われるところ。

\口コミ ピックアップ/

出雲大社から歩いて10分以内、潮風が気持ちのいい場所です。昔は海につかっていた場所でしたが、いつの間にか歩いて祠まで行けるようになっていてびっくりしました。祠のまわりの岩には小銭が供えられていて、波によってお金が砂に埋まったり岩の隙間に入ったりしています。岩自体が神聖な感じで、パワースポットにもなっているようです。岩の後ろに見る夕日はとてもすばらしく、明日からの活力が湧いてくること間違いなしです。

(行った時期:2017年7月) 稲佐の浜

住所/島根県出雲市大社町

「稲佐の浜」の詳細はこちら

ぐるっと松江レイクライン

ぐるっと松江レイクライン出典:じゃらん 観光ガイド ぐるっと松江レイクライン

\口コミ ピックアップ/

松江市内の主要な観光スポットをぐるぐる回っているので、とても便利です。20分おきにバスが走っているので、バスの時間にも困りません。夕方は夕日鑑賞用にコースが少し伸びて、宍道湖の夕日がきれいに見える場所まで連れて行ってくれます。バスもレトロで可愛いし、車内では松江の歴史について放送が流れていて、バスに乗っている間に歴史を知ることもできます。

(行った時期:2017年6月) ぐるっと松江レイクライン

住所/島根県松江市平成町1751-21(松江市交通局)

「ぐるっと松江レイクライン」の詳細はこちら

鬼の舌震

鬼の舌震出典:じゃらん 観光ガイド 鬼の舌震

巨岩・奇岩が約2kmにわたり続く自然美あふれる大渓谷は、国指定名勝天然記念物。新吊橋「舌震の“恋”吊橋」とバリアフリー遊歩道が2013年に新たに完成しました。

\口コミ ピックアップ/

自然美あふれる巨岩・奇岩が続いている大渓谷で、大天狗岩・畳岩・はんど岩・屏風岩など名前も付けられていました。国指定名勝天然記念物だそうですので、是非一度足を運んでみてください。

(行った時期:2015年12月) 鬼の舌震

住所/島根県仁多郡奥出雲町高尾

「鬼の舌震」の詳細はこちら

津和野町本町通り

津和野町本町通り出典:じゃらん 観光ガイド 津和野町本町通り

この通りは「萩・津和野線、本町・祇園丁工区」の道路整備に伴い、風情ある石畳となりました。もとより商家が多く、10月の体育の日には「ゑびす講」も開催されます。

また、この通りは江戸時代より道幅が変わっていないのも特徴の一つです。

\口コミ ピックアップ/

江戸時代の雰囲気が残る町並みと祭りなどの文化を大切に残している町です。造り酒屋が二軒。お菓子屋さんが多数あります。ざら茶を売っているお店にも立ち寄りました。

(行った時期:2017年6月) 津和野町本町通り

住所/島根県鹿足郡津和野町後田

「津和野町本町通り」の詳細はこちら

出雲大社

170823_出雲大社出典:じゃらん 観光ガイド 出雲大社

伊勢神宮に並ぶ古社。大國さまとして親しまれる大国主命を奉る。縁結びの神・福の神として親しまれる。1744年に建てられた本殿は、日本で最も古い神社建築の形式である大社造りで、国宝に指定されている。参拝方法が「二拝四拍一拝」と一般の神社と異なる。

\口コミ ピックアップ/

島根に用事があり、せっかくだからと朝から参拝しに行きました。時節柄、緑が若々しく、参道も東京の混雑を思えばずっと空いていて歩きやすく、境内すべて穏やかで心が爽やかな気持ちに満たされました。国宝でもある本殿はぐるりと茅葺きならぬ檜葺きの珍しい塀に囲まれ、外から眺めることしかできませんが、それでも圧倒される存在感です。

(行った時期:2017年5月) 出雲大社

住所/島根県出雲市大社町杵築東195

「出雲大社」の詳細はこちら

20代女子向け!デート服について知りたい方はこちらもおすすめ

~男子が選んだ、「夏デート服」まとめはこちら~

※この記事は2017年8月時点での情報です

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください

関連記事リンク(外部サイト)

新名所!琵琶湖絶景カフェ「びわ湖テラス」はもう行った?【滋賀】
フルーツ狩りや川床も!夏を満喫!旬のドライブスポット6選【福岡】
涼遊び&涼スイーツに穴場的避暑地も!?広島のおすすめ癒しスポット9選

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。