体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【まとめてみた】編集部オススメ旅行スポット50選~徳島エリア~

【まとめてみた】編集部オススメ旅行スポット50選~徳島エリア~ 徳島

国八十八ヶ所霊場の1番札所があり、世界でも有数の渦潮が見られる「徳島」。

じゃらん編集部から、「徳島行ってみたいけど、どこに行こう?」という方に、ここに行ってみて! というオススメスポット50選をご紹介します。

秘境の大自然も楽しめる徳島エリアならではのスポットに思いを馳せてみて。

(※紹介施設はじゃらんnet観光ガイドから抜粋しました)

大塚国際美術館

大塚国際美術館陶板画で世界の名画を実寸で再現した美術館。

世界の名画を陶板画で再現した美術館。世界25ヶ国190余りの美術館が所蔵する西洋名画1000余点を、陶板で原寸大に再現し展示している。中でもピカソの「ゲルニカ」やシスティーナ礼拝堂の壁画などは圧巻の一言だ。陶板の名画は約2000年以上も退色劣化を免れるので、文化財の保存の形でも貢献している。レストランも併設。

\口コミ ピックアップ/

「陶板のコピーか…」と侮り気味で行きましたが、とんでもない!見ごたえのある、素晴らしいものでした。

1時間弱の解説付きツアーがいくつもあり、世界の美術館を回るよりも、ここで、日本語の解説付きで芸術に触れられる方が、はるかに勉強になり、感動も増します。

今回は時間がなかったので、個人で駆け足で、1時間半ほどで鑑賞しましたが、次は半日くらいかけるつもりで、解説を聞きながら回りたいです。 大塚国際美術館

住所/徳島県鳴門市鳴門町土佐泊浦字福池65-1

TEL/088-687-3737

「大塚国際美術館」の詳細はこちら

祖谷のかずら橋

祖谷のかずら橋日本三奇橋の一つで、野生のシラクチカズラで編んだ吊橋。

野生のシラクチカズラで編んだ吊橋。日本三奇橋の一つで3年に一度かけ替える。約800年前に源平の戦いに敗れた平家一族が、剣山、平家の馬場での訓練に通うため架けられたと言われる。

長さ45メートル、幅2メートル、川面からの高さは14メートルにもなる。敷綱でつながれた横木と横木の間は10センチほど離れているので、足元にのぞく川面はスリル満点。

\口コミ ピックアップ/

人数制限もなく大勢の人が橋に留まり蔓が悲鳴をあげてるようにゆらゆらと揺れて怖かった。蔓も古くなったのが切れてるし、足元の橋板は隙間が広く油断したら足が落ちそうになる。手摺に寄り掛かると倒れそうにグラグラしてるし、ほんま怖かった。スリルを味わいたい人はいいんじゃない。 祖谷のかずら橋

住所/徳島県三好市字善徳162-2

TEL/0120-404-344

「祖谷のかずら橋」の詳細はこちら

渦潮

渦潮渦潮が見られる時間は限られているので事前に要チェック。

鳴門海峡の干満潮時に狭い瀬戸を通過する潮が1~2mの落差を生じ直径20mもの大きな渦をつくりだす。

\口コミ ピックアップ/

鳴門海峡の渦潮は大鳴門橋の遊歩道からと観光船から見れるのですが、より近くに見たかったので「うずしお観潮船」から大潮を見ました。ダイナミックさ感動です!大潮の時間は時期によって違うので調べていったほうがいいですよ。渦潮にあまりに近づくので船が巻き込まれないか心配してしまったほどです。 渦潮

1 2 3 4 5次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy