ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ビヨンセ、公演最後にフロリダでの犠牲者へ「Halo」捧げる

DATE:
  • ガジェット通信を≫
ビヨンセ、公演最後にフロリダでの犠牲者へ「Halo」捧げる

 この7週間に全スタジアムを満員にし、【フォーメーション・ワールド・ツアー】を大成功させているビヨンセが、同ツアー第一弾となった北米レグを先週末にフロリダで起きた事件の犠牲者に敬意を表し終了させた。

 6月14日に行われたデトロイトのフォード・フィールド公演にて、クロージングナンバーとなった「ヘイロー」を“愛についての曲”と紹介したビヨンセは、同曲を“フロリダで家族を亡くしたすべての家族に”捧げた。12日早朝にオーランドのPulseナイトクラブで起きた銃乱射事件の犠牲者と、10日夜にやはりオーランドでコンサート終了後に男に射殺された『ザ・ヴォイス』出身のクリスティーナ・グリミーのことを指しているのであろう。

 6月28日にイングランドのサンダーランド公演で欧州レグを開始するまで、2週間ほど間をあけるビヨンセ。これとは別に、9月7日のニュージャージー州イーストラザフォードを皮切りとするアメリカでの9公演も予定している。

 なお、デトロイトでの公演はオープニングアクトを務めたDJキャレドやスペシャル・ゲストたちにとって特別なものになったようだ。キャレドは地元出身の女性ラッパー、Dej Loafをステージに上げて彼女のシングル「Try Me」、「Back Up」を披露させた後、ヤング・ジージーを紹介。「Who Dat」と「Out Here Grindin’」を披露した。

関連記事リンク(外部サイト)

ビヨンセ、父親との確執が解消……1枚の写真で明らかに
ビヨンセ、プリンスを偲び「The Beautiful Ones」のカバーを披露
ビヨンセの地元公演でヒューストン警察が抗議行動

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。