ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

女子会で一目置かれる”手みやげ”とは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 限定品の勝負土産、大人数用のバラまきに最適なお土産、誰からも愛される老舗の粋な品、第一印象で他を圧倒する一品、500円以下の安価なお土産、料理好きの方へ贈るお土産……など、なにかと多い”手みやげ”を贈る機会。その都度、TPOに応じたさまざまな品を選ばなくてはなりません。

 本書『東京手みやげと贈り物カタログ』では、東京で購入することができる手みやげ300品あまりを紹介。店名や価格、日持ち、店舗情報など、すぐに役立つ情報も掲載されています。

 たとえば、おしゃれを競う場・女子会用に、周りから一目置かれる手みやげを選びたいときには、次のような品はいかがでしょうか。東京駅一番街にある「花のババロアhavaro」の”エディブルフラワーババロア ブーケ”は、色とりどりのエディブルフラワー(食べられる花)を封じ込めたババロア。季節に合わせてナデシコ、パンジーなど約20種からセレクトし、色やバランスを考えて手作りしているそうです。見た目の美しさはもちろん、ビタミンやミネラルも豊富な一品です。

 季節の花を使ったお菓子は、恵比寿にある「cineca」にも。同店の”herbarium甘い標本”は、デイジーやビオラなどの季節の花やハーブを飴で閉じ込めた、植物標本のようなお菓子。キャンディーとしてそのまま楽しむだけでなく、ティーシュガーのかわりに温かい紅茶に入れたり、カップに入れてお湯を注げばハーブティーにもなるというお洒落な品です。

 パッケージにもこだわりたいときには、「資生堂パーラー銀座本店」の”ビスキュイ”を。2015年秋にリニューアルされた、赤、青、白のポップで爽やかなパッケージに入っているのは、キャラメリゼ、キャラメル、カネル、ヴァニーユ、シュクレ、ショコラ、アマンドの7種類のビスキュイ。それぞれ個別包装されているので、大人数の女子会で楽しむにも最適な品なのではないでしょうか。

 このように、女子会へ持っていく手みやげを選ぶ際のポイントは、安すぎず、高すぎないものを選ぶこと。そして、新しくできたお店の新商品といったような話題性があり、なおかつ見た目が可愛らしいものを選ぶと良いそう。

 手みやげひとつといえども、何を持参するかによってその人のセンスが垣間見えてしまうもの。それぞれの場面にあわせ、どのような品を選べば良いか迷ったとき本書を開けば、ふさわしい一品が見つかるはずです。

■関連記事
ピリ辛かき氷も? 東京で味わえる、世界の絶品スイーツ
その土地を知りたければ、居酒屋に行くのが一番?
ミニトマト、セロリ、アボガド……一味違った”かき氷”が人気?

BOOKSTANDの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP