体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【都内】まるで海外!日本にいながら海外旅行気分に浸れるお店5選

真夏のような暑さの日もある今日この頃ですが、夏休みはまだ先。旅好きのあなたは、きっと「あ~早く日本を脱出したい!」と悶々としていることでしょう。

そこでご紹介したいのが、日本にいながらにして海外旅行をしているような気分になれるお店です。東京の東側を中心に、5店ピックアップしてみました。

■あわせて読みたい
まるで海外!日本の美しすぎる異国風ホテル5選
http://tabizine.jp/2013/12/22/3386/

Nui.(蔵前)

【都内東側】日本にいながら海外旅行気分に浸れるお店5選
(C) Nui. HOSTEL & BAR LOUNGE

地下鉄蔵前駅から徒歩5分。隅田川の近くに建つ5階建ての建物が、ホステル&バーラウンジNui.(ヌイ)です。スタイリッシュで清潔な部屋は、まるで北欧のゲストハウスのよう。世界中からやってきた旅人と一夜を明かせば、気分はさながらバックパッカーです。

1階のラウンジスペースは、宿泊客でなくても入店できます。8:00から18:00はカフェ、18:00から25:00はバーと、時間によって違った顔を見せる店内。どの時間帯も様々な国籍の人々が集い、賑やかなおしゃべりで店内を彩っています。旅人たちと語らえば、日本にいることを忘れてしまうでしょう。

[Nui. HOSTEL & BAR LOUNGE]

フェブラリーカフェ(田原町)

【都内東側】日本にいながら海外旅行気分に浸れるお店5選
(C) FEBRUARY CAFE

車の行き交う国際通りから、東に数歩。のどかな下町の住宅街から浮き立つような異国風のお店が見えたら、それがFebruary Cafe(フェブラリーカフェ)です。

エスプレッソマシーンで淹れる本格派のエスプレッソ、香り高いカフェオレ、近所の名店ペリカンのパンを使ったトースト――和洋の魅力を併せ持つメニューの数々に惹かれ、今日も外国人観光客が店を訪れます。彼らに囲まれ、本場イタリアで味わうようなほろ苦いエスプレッソを口に含むと、旅先のカフェでくつろいでいるような気分になれるのです。

[FEBRUARY CAFE]

多慶屋(御徒町)

【都内東側】日本にいながら海外旅行気分に浸れるお店5選
(C) TAKEYA.CO.,LTD.

活気あるアジアを旅すると、こちらまで元気になることがありませんか。そんな体験を、東京は御徒町ですることができます。食品から家具までありとあらゆる物がお得に揃う、ディスカウントショップの多慶屋(たけや)を訪れるのです。

英語・中国語・韓国語・タイ語に対応しており、免税サービスもばっちり。それゆえ店内には外国人観光客、特にアジアの観光客が目立ちます。賑やかな店内は、たとえるなら中国の市場、もしくはタイのナイトマーケット。何棟にも分かれている店舗をぐるりと回るとそれだけでぐったりしまいますが、日常にアジアのパワーを取り入れることができるかもしれません。

[多慶屋]

アンビカショップ(蔵前)

【都内東側】日本にいながら海外旅行気分に浸れるお店5選
(C) Ambika Trading Company, Tokyo

インドを訪れた旅人は、「二度と行きたくない」と思うか「また戻りたい」か、真っ二つに分かれるといいます。後者のインド熱にかかってしまった人におすすめしたいのが、蔵前のインド食材店、アンビカショップです。

主要な輸入食材店でも目にしないような、高品質のスパイス、香辛料、調味料が並びます。ココナッツオイルやギーも、ブームになる前から置いてありました。ここで本場の材料を仕入れてスパイシーな本格カレーを作れば、気分はあっという間にインドです。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。