ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「浴衣」に関する男子からのお願い

DATE:
  • ガジェット通信を≫

夏に着て欲しい女子のお召し物「浴衣」

でも、男子が求める「浴衣」のハードルって、女子が思っているよりも遥かに高いんです。

女子に面と向かってお願いできない“男性有志”から意見を募り、「浴衣」について世の女子にお願い申し上げたい事をしたためたいと思います。

花火大会には着てこないで欲しいんです

浴衣と言えば、花火大会と思っている女子の方は多いでしょう。でも、男子は花火大会よりも縁日で浴衣を着て欲しいんです。

縁日では露店を見るために下を向くので、“うなじ”が露わになりますが、花火大会では空を見上げるので、せっかくの“うなじ”も隠れてしまうんです。

女子の皆様、花火大会の時は浴衣以外の可愛い格好で来て下さい、お願いします。

浴衣もどきを着ないで欲しいんです

浴衣は古き良き日本の文化なので、現代風にアレンジしないで欲しいんです。

浴衣を模した甚平ミニ丈の浴衣は、言うなれば浴衣の第二形態、今の男子では太刀打ちできません。

浴衣は動きにくいし、意外と暑くて汗をかくとは言いますが、その汗こそが夏の風物詩。アナタの色気を引き出すダイヤモンドなんです。

女子の皆様、浴衣はベターこそベストだとご理解下さい、よろしくお願い致します。

触っても許して欲しいんです

浴衣の着付けは大変だということは男子も重々理解しておりますが、ちょっと触ったくらいで怒らないで欲しいんです。

着崩れを気にする気持ちは分かりますが、浴衣女子の可愛さは理性を吹き飛ばす威力があるので、ついつい触りたくなるのが男の本音。

何ならお代官様のように帯を引っ張って「あーれー」ってやりたいんです、独楽のように戦わせたいんです、でも男子は我慢してソフトタッチでとどめているんです。

女子の皆様、どうか男子の戯れをお許し下さい、何卒よろしくお願い致します。

はだけないで欲しいんです

着崩れを気にしすぎる女子がいる一方、はだけまくっている女子がいるのも男子にとっては悩みの種なんです。

目のやり場に困るだけでなく、せっかく出ている“うなじ”の威力が半減します。

思うに、他の部分をおしとやかに隠しているからこそ、ただ一点だけ出ている“うなじ”に色気が集中するんです。

着崩れを防ぐためなら接着剤で固定しても構いません、女子の皆様、“うなじ”以外ははだけないで下さい、後生ですからお願い致します。

夏以外にも浴衣を着て欲しいんです

浴衣は夏限定と思っている女子の方も多いと思いますが、違います。

季節を問わず、男子は温泉での浴衣女子に弱いんです。特に浴衣を着て行う温泉卓球こそ、至高の時間。

意図的にはだけるのはNGですが、ピンポン玉を必死に追いかけて偶然“はだけてしまう”のは、男子の好むチラリズムそのもの。

その後に恥じらいを持って着崩れを直して頂ければ、どんな温泉よりものぼせることでしょう。

女子の皆様、これからは温泉での浴衣も視野に入れて活動して下さい、心の底からお願い致します。

 

「浴衣」は、日本が誇る雅な文化です。異国の血を引いている僕が言うのも本末転倒ですが、華麗に着こなして下さい、ぶしつけなお願いで申し訳ないのですが、ご検討下さいますようお願い致します。

関連記事リンク(外部サイト)

オレは好きだ!! コンプレックス女子~優柔不断編~
言えねぇ~…… 男が彼女に絶対に言えないこと
『男ウケ』に関する男子からのお願い

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ホンネストの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP