ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

都の職員 舛添氏の美術館視察に「どれも重要です」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 涙ながらに「リオ五輪までは…」と続投を懇願したという舛添要一東京都知事(67才)が辞職願を提出した。「日本の省庁3つ分」とも言われる東京都知事の権限だが、そもそも都知事はどんな仕事をしているのだろうか。

 仕事は大きくわけて、【1】予算案や条例案を議会に提出し、それらを遂行する【2】議会に参加する【3】災害時などに関係機関を指揮・命令する【4】国内要人や外国要人との会談【5】首相や国の行政機関との調整【6】東京都のアピール活動、だ。

 舛添氏は、就任2年で計8回、総額2億円以上の海外出張費を計上している。これは来たる東京五輪のためとも、招待されたともいわれている。納得いかない思いも大きいが「違法性はない」。

 ただ「待機児童ゼロ」を掲げ、保育園施設などのために前年度よりも予算をつけていたというが、視察は一度も行っていない。その一方で造詣の深い美術館や博物館への視察は39回も行っていることに関しては甚だ疑問だ。しかもこれらは、都庁のHPにある知事の活動の紹介には明記されていない。どういうことなのか、都庁に聞いてみた。

「(HPには)都知事の仕事のすべてを掲載しているわけではありません。あくまでも報道各社にリリースを流しているものを中心に報告しています。これは都知事もお答えしていますが、美術館や博物館は一般のかたもいらっしゃいますので、報道各社に事前に視察をお知らせするとご迷惑をおかけします。そういった事前にお知らせしていないものに関しての掲載はしていません」(東京都政策企画局担当者)

 とはいえ、HPはどれも事後報告のものばかり。視察が終わったものを報告しても誰にも迷惑はかからないと思うが、担当者は「あくまでも報道各社にお知らせしたものを報告している」と繰り返した。話にならないので、回数だけを比べて、美術館・博物館のほうが保育園視察よりも重要だということか、と問うと、担当者はこう説明した。

「視察に行かないからといって、事案が遂行されないということではありません」

 それでは、美術館・博物館は年39回の視察が必要との認識だったのかと改めて問うと「どれも重要な視察です」と答えるのみ。

 あくまで“上司”をかばう姿勢はもはやあっぱれともいえるが、知事がいてもいなくても、行っても行かなくても、職員が政策を進め、事案を遂行させるということか。それなら今までの追及一辺倒も、多少心配は減るけれども。

 一方の都議会は、頑なに「辞めない」といっていた都知事に不信任決議を突きつけることができる唯一の存在で、今回は彼らが伝家の宝刀を抜き、舛添氏は辞任に至った。これまで三代の都知事とその都政について取材してきた東京新聞都政キャップの石川修巳さんがその仕事内容を語る。

「海外出張の予算案などを承認するのも都議会の仕事です。また特別職にはほかに、都知事に任免される副知事や教育長、教育委員などがいますが、権限や責任が重いため就任には都議会の同意が必要です。舛添氏は今議会の開会にあたり、現在の3副知事を4人に増強する案を固めていました」(石川さん)

 権限が大きいゆえ、歴代の都知事の成果もそれなりに大きい。石原氏は東京マラソンの開始や羽田空港の国際化など。猪瀬氏も東京五輪誘致を実現させた。では舛添氏は?

「“東京都長期ビジョン”の策定を行いました。世界一の都市・東京の実現を目指すものです」

 担当者はそう言って胸を張ったが、すでに世界一になった部分を問うと、言葉を継げなかった。ビジョンを語るだけなら誰にもできる。遂行中の事案は何なのか? そう聞くと担当者は、「目指しているということです」と話した。

※女性セブン2016年6月30日号

【関連記事】
都知事は戦後わずか6人 都知事の権力や仕事を分析した本
次期都知事候補 舛添氏、東国原氏、小池氏らの名が取り沙汰
猪瀬知事 壇蜜に一緒に飲みたい願望告げるも軽くかわされる

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP