体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【イノベーターズ】「海外の老舗メディアのブランドを最適化する男」伏谷博之/後編

ふしたに・ひろゆき
1966年島根県益田市生まれ。90年、タワーレコード心斎橋店にバイトとして入社。94年、新宿ルミネ店店長。96年、デジタルビジネス事業部部長。97年「@TOWER.JP」をローンチ。2001年マーケティング部を設立し、03年執行役員マーケティング担当に。04年、株式会社NMNL設立、代表取締役社長に。05年よりタワーレコード株式会社代表取締役社長に、同年ナップスター・ジャパン株式会社設立。07年、タワーレコードを退社し、09年より『タイムアウト東京』を設立

通信やICTにまつわる”なにか”を生み出した『イノベーターズ』。彼らはどのように仕事に向き合い、いかにしてイノベーションにたどりついたのか。本人へのインタビューを通して、その”なにか”に迫ります。今回は「日本最古の音楽系ECサイトをつくった男」、伏谷博之さんの後編。

前編はこちら>

「べつにいいんだけどさ」と伏谷さんは言う。ニヤニヤしながら、「この調子でいくと、あと4時間ぐらいはかかるかもしれないよ」。
仕事を始めてからいくつも成し得てきたイノベーションの最初のひとつ「@TOWER.JP」の完成まで、僕たちは、伏谷さんのトークを楽しみすぎたのである。気づけば、もはや傍らの美女の姿はない。伏谷さんの背後で働く『タイムアウト東京』の皆さんも、リーダーの仕事への復帰を心待ちにしているかもしれない。4時間かかっている場合ではないのだ!
「@TOWER.JP」のローンチ後、伏谷さんは、いろいろあってマーケティングを任されることになるのである。

「いろいろあって、ね(笑)。グッと端折ってきたね。うん、でもこの経験がすごく大きかったよ」

ある日、伏谷さんは副社長から連絡を受ける。誰あろう、「@TOWER.JP」の企画を出した際、伏谷さんを経営会議に出禁にした森脇明夫さんだった。

「”2時間ほど時間くれないか”って。会ってみたら”マーケティング本部をつくってくれないか”って言われたんです」

「いいっすよ」と調子よく答えた。

「マーケティングってことがよく分からなかったけど、詫びも入れてくれたし、一丁やるかと(笑)。調べてみると、EC立ち上げた時にやったことと似てるんだよね。ECはタワレコの音楽流通の行く末を考えた時に、こうした方がいいよね、って考えたもので、マーケティングはタワレコというブランドを新しい市場でどう活用するのかってことだから。それについては、外部で意外と知られてないことも実感していたので、とにかく知られなきゃいけないよね、と思った」

その後、タワーレコードのブランド力強化のために「NMNL」(=NO MUSIC , NO LIFE.)という会社をつくってマーケティング部門を分社化し、タワーレコードに戻って社長になったら今度はサブスクリプション音楽配信サービス「ナップスター・ジャパン」をスタートさせた。

要は、ここに至るまでの、伏谷さんにとってのイノベーションは、こういうことだったのだ。

「これからもタワーレコードをちゃんとするにはどうすればいいか」

そのことを集中して一生懸命考えたら、だいたいいつも答えはポンと目の前にあって、「今やらなくて、いつやるんだよ!」と当たり前のようにやってきただけ。それがたまたま日本最古だったり、時代を先取りしていたことになっていただけ、と伏谷さんは強調する。……どころか、「恥ずかしいからあんまり言わないで」と言って笑っている。

「だからむしろ『NMNL』が、僕にとっては大きかったかな。僕がいたころには実現できなかったけど、『NMNL』を介して社外のブランドが音楽を活用することで、より魅力的に見えるようにブラッシュアップできればな、と思ってたから。タワーレコードというブランドを軸にビジネスを再構築する、っていうことに気づいたから」

それが今の『タイムアウト東京』にもつながっている。

1 2次のページ
TIME & SPACEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。