体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

あなたの視野をせまくする言葉~不穏~

アイキャッチ-crop

************************
【気分は正体不明なのか?!】

人の気分には浮き沈みがある。

だからこそ、人と接することにより、
『その時、その人に影響していること』
を捉える観察力が高められる。

そして、「いつもの帰宅願望」などの訴えが
何かをきっかけに起きていて
「いつも」ではないことにも気づくことができる。

************************

前回記事:あなたの視野をせまくする言葉~「認知症だから」~

イチかバチかのケア!?

人の気分(機嫌)というものは、四六時中、浮き沈みしているものです。嬉しいことや楽しいことがあればご機嫌だし、悲しいことや腹立たしいことがあれば不機嫌になります。その浮き沈みの振れ幅に、多少の個人差があったとしても、ほとんど浮き沈みなく、平坦なままで一日を過ごせる人は珍しいでしょう。

そのためか、わたしたちは、この気分(機嫌)を用いて、状況を説明する場合があります。

画像1-crop

どうして昨日はスムーズに介助できなかったのかな?

画像2-crop

気分(機嫌)が悪かったんでしょうね

画像3-crop

じゃあ、どうして今日はスムーズに介助できたの?

画像4-crop

気分(機嫌)が良かったんじゃないですか

要するに、ケアがスムーズにできてもできなくても、「なんだかよくわかんないんだよね」という感想が隠れています。つまり、自分のケアの素晴らしさも、マズさもわかっていない。これだとスムーズな介助ができるかどうかは「イチかバチか」です。

そして、往々にして、イチかバチかになる背景に、前回お伝えした「(認知症だから)気分の浮き沈みなんてわかりっこない」が潜んでいるのだとしたら、根深いですよね。

気分(機嫌)を左右するものって?

ところで、人の気分(機嫌)って、何に左右されていると思いますか? 皆さんは、いきなり「やったぜー!」と嬉しくなったり、急に「何なんだ!」と腹が立ったことってありますか?決して、理由(ワケ)もなく、喜怒哀楽の感情がわいてくることってありませんよね。よくよく考えてみると、人の気分(機嫌)は「その直前にあった出来事」に左右されているのではないかとわたしは思うのです。

そうだとするならば、「認知症」がある人との関わりでも、「その直前にあった出来事」が関係しているのではないか?と考えられます。

1 2次のページ
認知症ONLINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。