ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

これがなくちゃ生きていけない!大切な“ミネラル”の基礎知識

DATE:
  • ガジェット通信を≫

“ミネラル”は、タンパク質、脂質、糖質、ビタミンと並ぶ5大栄養素。ミネラルを直訳すると「鉱物」ですが、ミネラルは私たちの体を構成するためになくてはならない栄養素です。体の96%は炭素、窒素、水素、酸素の4元素で作られていますが、その4元素以外の元素を総称して“ミネラル”と呼んでいるのです。つまりミネラルは体を構成するたった4%なのに、それがなくては生きていけない大切な栄養素なのです。

知られざる“ミネラル”の役割は?

ミネラルは、カルシウムやナトリウム、マグネシウム、カリウム、鉄、亜鉛などですが、微量ミネラルも含めるともっといろいろな種類のミネラルがあります。ビタミンとの違いは、ビタミンが炭素、水素、酸素などから作られている有機物であるのに対して、ミネラルは無機物であるということ。ミネラルは体内で作り出すことができないので、食べ物から摂取する必要があります。ミネラルは、カルシウムが骨や歯を作るなど体の構成要素となりますが、そのほかに体の浸透圧やphを調整したり、栄養素を代謝する酵素を活性化するなどの働きがあり、私たちの健康維持や見た目の若々しさ、ダイエットなどにも深く関係しているのです。

“ミネラル”が不足しがちなのはどうして?

日本人のミネラルは不足しがちと言われています。その大きな原因は、昔と比べて、私たちの食生活のバランスが崩れているから。ファストフードやインスタント食品が普及するにしたがって、必要なビタミンやミネラルも足りなくなってしまっています。野菜はミネラルの宝庫と言われますが、これは生育の過程で土からミネラルを吸収することができるからです。ただ、現代では化学肥料や農薬の使用、狭い農地でより多くの収穫量を求めるなど、野菜に含まれるミネラルの量は減っているのです。

もっと“ミネラル”を摂るには?

体を維持するために必要なミネラルは、やはり食べ物から摂りたいもの。そのためには、バランスの取れた食生活を心掛けるのがいちばんです。また、できるだけ食品添加物の多い食事は避けることも必要です。例えば、リン酸塩は食品添加物としてよく使われますが、カルシウムの吸収を抑える働きがあります。また、加工食品などは濃い味付けのものが多くナトリウムが過剰になってしまいます。このように、体内でのミネラルのバランスが崩れるのは好ましくないのです。できるだけ自然な食品を食べるようにして、ミネラルが豊富な玄米、黒砂糖、自然塩など加工していない食品を選ぶようにしましょう。

writer:岩田かほり

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP