ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

胎児の状態で権利は発生するでしょうか?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Q.

 まだ生まれておらず母体内にいる状態の胎児には、民法上の権利は認められているでしょうか?

 

(1)一部は認められる
(2)一切認められていない

A.

正解(1)一部は認められる

 民法では、出生によって権利を取得するのが通常です(民法3条)。したがって、胎児は出生していないため権利を有しません。

 しかし、胎児には出生しているかどうかで利益状況が著しく変わる場合に、あえて生まれたものとみなして権利能力を認める場合があります。
 例えば、相続(民法886条)、遺贈を受けることができること(民法965条)、損害賠償請求の権利(民法721条)などが挙げられます。

元記事

胎児の状態で権利は発生するでしょうか?

関連情報

誰も相続人がいない場合の遺産の行方は?(法律クイズ)
遺言書による登記を相続人が単独で行えますか?(なっとく法律相談)
寄附を装って相続税脱税?(今週の話題 ~法律はこう斬る!)

法、納得!どっとこむの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP