ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

旬のうまみを満喫! 絶品タコレシピ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

タコはその外見から欧米では「デビルフィッシュ」と呼ばれることもあり、アメリカやイギリス、フランスなど多くの国で食用にされていません。タコを食べるのは日本と韓国、スペインやイタリアぐらいで世界から見れば少数派なのです。そんな中でも日本人は世界でもっとも多くのタコを食べているとされています。

そんなタコの旬は6~7月。この時期のタコは身が柔らかく、味も濃厚。漁師たちが日差しを避けるために麦わら帽子をかぶる時期なので、この旬の時期のタコを「麦わらダコ」と呼ぶこともあります。ここでは、そんなタコの美味しさを堪能できるレシピを紹介します。

●夏の旬食材の三重奏

アボカド&タコ&セロリのサラダのレシピ | 料理サプリ

簡単に作ることができて見た目も華やかな一品。蒸し暑い日に食べたい爽やかな風味です。

●生タコならではの色合いの美しさ

たこ飯のレシピ | 料理サプリ

生タコは大根おろしで揉んでぬめりを取りましょう。生タコならではの桜色が見た目にも美しいご飯です。

●タコと油を吸ったナスのうまみ

なすとたこのおつまみにんにく炒めのレシピ | 料理サプリ

なすは塩を振って水気を取ってから炒めるのがポイント。タコは最後に加えて火を通しすぎないようにしましょう。

スーパーなど市場に並んでいるタコはゆでタコがほとんど。吸盤が小さくて粒が揃い、ツヤがあるものを選びましょう。密閉して冷凍すれば1ヶ月ぐらいは保存できます。

関連記事リンク(外部サイト)

スパムとランチョンミート、どう違うの?
一生に一度くらいは「青梅」を漬けてみたい!
青じそ&みょうがレシピでじめじめ気分を爽やかに!

カテゴリー : グルメ タグ :
ゼクシィキッチンコラムの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP