体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

都心上空を旅客機が飛ぶ!? 羽田空港の離着陸新ルート計画とは

都心上空を旅客機が飛ぶ!? 羽田空港の離着陸新ルート計画とは

新宿、渋谷、恵比寿、六本木、品川、大井町……といった東京都心上空を通過して、旅客機が羽田空港へ着陸する新ルートが検討されていることをご存じだろうか?

国際線の増便をめざし、離着陸ルートの一部を変更する計画

羽田空港への離着陸コースについて、新ルートの検討が始まっている。目的は2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催や、訪日外国人観光客の増加による国際線の需要拡大を受け、旅客機の増便を実現するため。現在は騒音問題などを考慮して東京湾上空を通過する離着陸ルートを使用しているが、このうち一部を都心上空通過ルートに変更することで滑走路を効率的に運用し、国際線の増便をはかるという計画だ。

具体的には2つの新ルート案が示されている(下記参照)。

1)南風時(15時〜19時)

現在は浦安市方面を通過してB・D滑走路に着陸しているルートを、東京都心上空を通過してA・C滑走路に着陸するルートに変更する。離陸ではB滑走路を使用し、川崎市上空を通過するルートを新設する。このルートは15時〜19時のピーク時のみ使用、その他の時間帯は現在のルートを使用する。【画像1】左は現在の飛行経路。右は新ルート案(2016年5月時点)(出典/国土交通省)

【画像1】左は現在の飛行経路。右は新ルート案(2016年5月時点)(出典/国土交通省)

2)北風時(6時~10時30分、15時~19時)

現在は東京湾上空で高度を上げて、騒音の影響を小さくした後に千葉県や東京都の上空を通過している。新ルートは高度を上げながら、やや直線的に江東区・江戸川区・墨田区・葛飾区上空を通過する経路に変更する(着陸ルートは現在と同じ)。朝(6時〜10時30分)と午後(15時〜19時)のピーク時のみ使用、その他の時間帯は現在のルートを使用する。【画像2】左は現在のルート。右は新ルート案(2016年5月時点)(出典/国土交通省)

【画像2】左は現在のルート。右は新ルート案(2016年5月時点)(出典/国土交通省)

南風の夕刻には新宿、渋谷、恵比寿、大井町……と飛行機が連なる?

新ルートが採用されると初台、渋谷、目黒、大井町を通過するA滑走路ルートが1時間に13便※、新宿、表参道、広尾、品川、大井ふ頭を通過するC滑走路ルートが1時間に31便※の使用が想定されている。

※到着回数【画像3】南風時のA・C滑走路への着陸ルート案(着陸1,000ft周辺)(出典/国土交通省) 【画像3】南風時のA・C滑走路への着陸ルート案(着陸1,000ft周辺)(出典/国土交通省)【画像4】南風時のA・C滑走路への着陸ルート案(着陸2,000ft周辺)。新ルートの運用が始まれば、新宿や品川の高層ビル街の上を次々と着陸する旅客機の姿が、東京の新絶景ポイントとなるかもしれない(出典/国土交通省)

【画像4】南風時のA・C滑走路への着陸ルート案(着陸2,000ft周辺)。新ルートの運用が始まれば、新宿や品川の高層ビル街の上を次々と着陸する旅客機の姿が、東京の新絶景ポイントとなるかもしれない(出典/国土交通省)

1 2次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。