ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

日本でもサービス希望!ロンドンの地下鉄がTwitterと連携し遅延情報をスマホに通知するサービスを開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

通勤・通学や外出に公共交通機関を使うとき、遅延で大幅に予定が狂ってしまった、という経験は多くの人が持っているだろう。

遅延があらかじめわかっていたら、別の手段を取っていたのに…。そうした自衛策をとるのに役立つサービスがロンドン地下鉄で始まった。

ツイッターとタグを組み、遅延情報をダイレクトメッセージでユーザーにお知らせするというものだ。

・「平日のみ」指定も

この新サービスでは、ロンドン地下鉄のウェブサイトの専用ページで路線を登録しておくと、遅延が発生した時にダイレクトメッセージで遅延アラートを受け取れる。

路線を選択するとき、「平日のみ」「ラッシュアワー時間帯を除く」などといったオプションをつけることも可能で、生活スタイルに合わせて設定できる。

・対象路線を拡大へ

同サービスは現在、パイロット事業として4路線のみで実施されているが、間もなく全15路線で使えるようになる見込み。

ツイッターによると、公共交通機関当局と共同で遅延情報をリアルタイムに発信するサービスを展開するのは初めてという。

公共交通機関の遅延では、往々にして多くの人が影響を受ける。メジャーなSNSを活用して利用客の利便性を向上させるというのは、多くの都市でニーズがありそうだ。

ロンドン地下鉄

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP