ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

妻が認知症になったら… 林家ペー「施設入れるのは切ない」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 認知症を患っていた人気アニメ『ドラえもん』(テレビ朝日系)の声優・大山のぶ代さん(82)を、夫で俳優の砂川啓介氏(79)が「老人ホームに入居させた」と告白し、議論を呼んでいる。

「我々は介護のプロではない」「むしろホームに入れないことで、自分の身体が先に壊れてしまう」といった声がある一方で、「絶対に入れたくない」と思う人もいる。ジャーナリストの鳥越俊太郎氏(76)は、施設のほうがサービスが良いことを理解しながらも、こう話す。

「結婚してからもう50年近く一緒にいるから、妻は自分の身体の一部とも言える存在です。だから私の身体が動いて、面倒を見られる限りは施設には入れません。もし反対の立場に立ったとき、妻も私を施設に入れることはしないでしょうね」

 長い時間を共に生きてきたのだから、最後まで一緒にいたいというのも素直な気持ちだろう。取材を進めると、「どちらかが施設に入ったら“添い遂げた”という達成感が得られないような気がする」(60代・無職の男性)と話す人もいた。

 人によっては、老人ホームに「向かない」場合もある。芸能界を代表するおしどり夫婦、林家ペー氏(74)は妻のパー子さん(67)に対して、こんな「心配」をしている。

「テレビでは明るく見えるかもしれないけど、ああ見えて、妻は極度の人見知りなんですよ。見知らぬ人がたくさんいるところに入れたら、おかしくなっちゃうと思う。そう考えると、入居させるのは切ないね」

 老人ホームに入れたことで「認知症の進行が急激に進むケースが少なくない」と介護施設の関係者はいう。

「共同生活になじめない人は、食事もひとりで済ませて、他の入居者と一緒に歌を歌うなどのレクリエーションにも参加しようとしません。これではいくらサービスが行き届いていても、人と接する機会が減って、症状が悪化してしまいます」

※週刊ポスト2016年6月24日号

【関連記事】
事実婚カップル 有料老人ホームで同じ部屋に入れぬ場合多い
ホテルのように豪華で設備が充実している高齢者施設が増加中
有料老人ホーム 平均予算は1人なら1532万円、2人で2310万円

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP