ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

肩こり解消エキスパート 特別コースは16年先まで予約一杯

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 朝9時、東京・北区にある「さかい保健整骨院」の待合室は人であふれかえっていた──。同院を含む4つの整体院を展開する「さかいクリニックグループ」の酒井慎太郎・代表院長は、「肩こり・腰痛解消のエキスパート」として知られている。「柔道整復師」の国家資格を持ち、指先の鋭い感覚で患部を探り当てていくという。

 院長自ら施術と生活指導をマンツーマンで行なう「特別コース」は16年先まで埋まっているというからその人気がよくわかる(酒井院長がバックアップしながらスタッフが施術する「通常コース」の予約は1か月待ち)。酒井院長はこう語る。

「肩こりの99%は完治できます。まず私はコリに苦しんでいる人の首や肩を触りながら、原因となっている関節のズレを把握します。その部分を適切にケアし、血流や神経の圧迫を改善します」

 酒井院長が多くの来院者の信頼を得ている理由の一つが、施術の前に行なわれる検査だ。まず「3D姿勢分析器」を使って、姿勢をチェック。一瞬で骨格の歪みを可視化する(=左の全身画像)。さらに超音波エコーで患部の筋肉の硬さを計測。そうしたデータを、その後の施術に役立てるのだ。

 連日のパソコンでの原稿作成のためか、慢性的な肩こりを抱える記者が実際に酒井院長による施術を体験した。

 酒井院長はベッドにうつぶせになった記者の上にまたがると、頭から肩口にかけて入念に触っていく。軽いタッチではなく、首の骨を指で押し込むような強さだ。1分ほどかけて終えると、酒井院長は記者に告げた。

「第六頸椎と第七頸椎の間隔が狭くなっています。背中、特に肩甲骨の内側のコリが酷いはずです」

 まさに記者がつらさを感じている部位だ。今度は首筋から肩甲骨にかけて、先ほどより強い刺激を与えていく。骨と骨の間にグッと酒井院長の指が入り込んでくると、関節が押し開かれるような感覚があった。

 その間、約15分ほど。施術が終わり立ち上がると、背中のだるさと痛みが驚くほど軽くなっていた。

「頸椎の歪みを『ストレートネック』と呼びます。日本人はデスクワークやケータイ、スマホの使いすぎなどで下を向くことが多く、本来緩やかに湾曲していなければならない首の骨がまっすぐに歪んでしまっていることが多い。そのため関節が圧迫されたり、首周りの筋肉の血流が悪くなる。肩こりの原因の9割はこの『ストレートネック』によるものです」(同前)

 記者が受けた施術は、「関節包内矯正」と呼ばれるもの。関節はそれぞれ、「関節包」という筋肉で覆われている。酒井院長は、その関節包内の骨の位置を動かして可動域を矯正し、筋肉のコリや神経の圧迫を解消する。

「理論を把握したとしても習得することが非常に難しい施術です。そのため遠方からでも通ってくださる方が多いのだと思います。他の整骨院や医療機関で肩こりや腰痛の改善が見られない方ばかりです。

 動きが悪くなった関節は、“建て付けの悪くなった引き戸”のようなもの。押しても引いても動かないのに、コツを知っていればスッと開く。そうしたコツを掴むべく、スタッフは日々修業に励んでいます」(同前)

※週刊ポスト2016年6月24日号

【関連記事】
女性に肩こりが多い理由 首から肩の筋肉に関係と専門医解説
「バストが大きいかどうかは多少肩こりに関係」と専門医語る
肩こり 裏に脳内出血や脳腫瘍といった病気が隠れている場合も

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP