体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

仕事や恋愛がうまくいかない時に思い出したい、人間関係を良好に保つコツ

仕事や恋愛がうまくいかない時に思い出したい、人間関係を良好に保つコツ

「嫌われるのが怖くて本音が言えない」「周りから距離を置かれている気がする」。こういった人間関係の悩みをなかなか解決できずに悶々としている人は多いことでしょう。

長年ANA(全日本空輸)のチーフパーサーとして後輩CA(客室乗務員)を取りまとめてきた里岡美津奈さんは、いわば人付き合いのプロ。彼女の書籍『いつもご機嫌な女でいるためのちょっとしたコツ』には、その方法が丁寧にまとめられています。ここではその一部を紹介します。

身近な人とギクシャクしたら
いったん距離を置く

仕事や恋愛がうまくいかない時に思い出したい、人間関係を良好に保つコツ

家族や恋人、友人など、自分にとって大切な人たちとは親しき仲ゆえに、ひとたび言い合いになると歯止めがきかず、お互いに抑えがきかなくなってしまうことがあります。

そういう場合は、頭を冷やすためにも、俯瞰で物事を見るためにも、いったん距離を置くようにしましょう。

ここで決してしてはいけないのが、相手の意見を持ち出して反論することです。 相手の気持ちが落ち着いたら話しあえばいいし、あまり変わらないようであれば、いったん切り上げて日にちを変えて話しあえばいいと思います。 一晩寝るだけで、人の気持ちはずいぶんと落ち着くものですから、焦る必要はありません。

お互いの主張を客観的に考えて、もしも自分が間違っていた場合や勘違いだと思ったときは、意地をはらずにすぐさま素直に謝りましょう。

「この人じゃなくても幸せになれる」は
恋愛における最強のマインド

仕事や恋愛がうまくいかない時に思い出したい、人間関係を良好に保つコツ

恋愛では、一つの恋が終わったとき、どうしても忘れられないと引きずってしまい、「この人しかいない」という思いにしがみつく人がいます。

その気持ちはとてもよく分かります。 私も昔はそうでした。 でも一方で、多くの人が「この人しかいないと思っていたけど、そうじゃなかった」ことも経験していると思います。

「この人しかいない」と思った人と別れている事実があるわけです。 だから私は、「ほかにもいる。絶対にいる」と断言します。

「この人」に執着すると、依存を生みます。 恋人と付き合うことは、楽しいことがある分、失う恐れや、様々な苦しみなど、ネガティブな感情にもしがみついてしまいます。 これでは、幸せとは対極のベクトルです。ですから、これらの執着は手放すのです。 そうするとネガティブな感情からは解き放たれ、「この人じゃなくても幸せになれる」という自信が生まれます。

「どちらも間違いではないかもしれない」
という視点を持つ

ある出来事に対して、「良い」「悪い」と白黒はっきりつけたがる人がいますよね。 仕事の場面でも、行き違いがあるとどちらかが一方を非難し、自分は正しいと主張することがあります。

しかし、そんなときこそ「どちらも間違いではないかもしれない」という視点を持つことが大切です。

たとえばAさんとBさんの間でトラブルがあった場合、Aさんの話だけを聞くと「Bさんが悪い」ように感じますが、一方、Bさんから聞くと、「Aさんの話と全然違う。そんな事情ならAさんが悪いようにも見える」といったことがあると思います。 同じ出来事が起きているはずなのに、両者の見解はまったく違う。 だから私は、誰かが何かの不満を述べてきたとき、その内容すべてに同意するのではなく、「この人から見たら、そう捉えるのだろうな」程度に解釈しています。 

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy