ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

多忙なアナタが知っておきたい「蕎麦の力」と応用レシピ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

麺がおいしい季節となりました。生麺や乾麺、茹で麺など。麺にも様々な種類がありますが、ささっと食べられる茹で麺は忙しいときや料理に時間をかけたくないときに重宝します。

ところで、アナタはうどん派? 蕎麦派? もちろん、うどんも美味しいですが、健康面で選ぶなら蕎麦をオススメしたいところ。茹で蕎麦には、忙しい人にこそ摂取してほしい栄養素が含まれているのです。

茹で蕎麦で期待できる
健康への効果

多忙なアナタが知っておきたい「蕎麦の力」と応用レシピ

01.
便秘解消して免疫力向上

食物繊維は、老廃物の排泄を助け腸内環境を整えるだけでなく、免疫力の向上に役立つため、健康な体の維持に作用します。

02.
疲労回復効果

ビタミンB1は、疲労回復への効果が期待できます。これからの季節、夏バテ予防にも役立ちます。

03.
貧血予防

鉄分は貧血予防に効果があり、めまいやふらつき、頭痛など、諸症状の改善に期待できます。そのままでは吸収されにくいため、ビタミンCが豊富な野菜と一緒に食べましょう。

包丁いらずで簡単!
納豆キムチの和え蕎麦

多忙なアナタが知っておきたい「蕎麦の力」と応用レシピ

材料をボウルに入れて和えるだけで簡単に作れる、これからの季節にぴったりなさっぱりと食べられる1品です。納豆の納豆菌、キムチの乳酸菌や食物繊維が合わさることで、腸内環境を整えて免疫力を高め、健康な体の維持が期待できます。

【材料:1人分】
茹で蕎麦:1袋
納豆:1パック
キムチ:50g
付属のたれ:1袋
ごま油:大さじ1/2
みそ:小さじ1
青ねぎ(あれば):適量

【作り方】
①耐熱ボウルに茹で蕎麦を入れ、600Wのレンジで2分加熱する。
②納豆、キムチ、付属のたれ、ごま油、みそを加えて混ぜる。
③器に盛り、あれば青ねぎをキッチンバサミでちぎって散らす。

さまざまな効果が期待できる茹で蕎麦は、ねぎなどの野菜、納豆やキムチ、みそなどの発酵食品を組み合わせることで、さらに栄養価をアップさせることができます。

蕎麦を食べて、毎日をパワフルに過ごしましょう!

フードクリエイティブファクトリー
「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を企業理念とする食のクリエイティブに特化した企画制作チーム。食の企画、レシピ・商品開発、執筆、メディア出演、イベントなどを手がけています。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。