ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ママ友は必要?作るべき?素敵ママ生活に憧れつつのぼっち育児 by 鳥頭ゆば

DATE:
  • ガジェット通信を≫

いつもご覧いただきましてありがとうございます!

6月16日(木)に私の初めての書籍

『ぼっち育児楽しんでます』が発売されます。

今回は、その中のエピソードを抜粋して

ご紹介させていただきたいと思います。 前回のエピソード:締めつけられて、ぐぇぇ! 憧れのマタニティウェアの理想と現実

育児初めの頃は、もちろんママ友が欲しかったり

周りを羨んだりすることが多かったのですが、

育児も子供と2人きりの環境にも段々慣れてくると

「ママ友付き合いって正直面倒だよね…」

とか思い始めるようになってきました。 関連記事:「ママ友作って帰ってね」と言われても…初めての両親学級 by 鳥頭ゆば

実際、育児とは私が出産前に思い描いていたような

キラキラした感じではなかったのですが、

かといって楽しくない訳ではないなと気付かされました。

周りの声、楽しそうな雑誌への憧れなど、

自分の意思とは別にプレッシャーを感じてしまう事も

あるかもしれませんが、今振り返ると

なんであんなに焦っていたのだろう?と思います。

一人でも何かしら子供と楽しく過ごせる時間を作れるのなら

それで充分かなと達観しました!

(でも上のお疲れママ雑誌みたいなのも一度は読んでみたいですね(笑)) 鳥頭ゆばさんの人気記事:ラーメンへの思いを募らせすぎたつわり期。いざ終わってみて味わった”コレジャナイ感”

著者:鳥頭ゆば

年齢:アラサー

子どもの年齢:2歳

子育ての合間に息抜きとして、イラストや漫画を描くのが好きなグータラ主婦です。動物も大好きでコーギーと猫を飼っているので日々毛だらけな毎日です。巣ごもりゆばさんという育児ブログも書いています。

書籍:『ぼっち育児楽しんでます』(KADOKAWA)6/16発売予定!

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

この作者の過去記事

鳥頭ゆばさんの

過去記事はこちら

過去の記事はこちら

関連記事リンク(外部サイト)

[大島美幸さん×井上和香さん対談 前編] 妊活休業宣言の裏側、無事に出産できることのありがたさを実感
「ばーちゃん、いるかな〜?」人見知りゼロの娘がつなぐご近所づきあい
妊娠報告が気まずい、共通の話題がない…。独身の友達との距離感が変わってしまった

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP