ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スマホで「肩こり解消」。終始ハイテンションな教官を追いかけろ!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2016年4月1日に開設から20周年目を迎えたYahoo! JAPAN。お祝いムードはすでにウェブで、リアルで、あれこれ目にしてきたはず。そして、今日6月15日正午に一斉公開となった動画がまたひとつ。

話題の360度動画を使って「肩こり解消」を目的としているんだが……、なんだってそこまでハイテンション!?正直、ちょっとだけイラっとくるけど、これでコリがほぐれるなら、まいっか。スマホを動かすか、画面をグリグリして追いかけてみて!

ご機嫌すぎる教官を、
画面から逃すな!

これが、その問題(?)の動画。リラックスしながら行うストレッチかと思いきや、これが突っ込みどころ満載、スーパーハイテンションなのだ。

見事なまでに怪しさ全開マッチョなこのお方、インストラクター役の「教官(ここは動画のままに)」。なぜか首から上だけになった彼が、このあと縦横無尽に動画内を駆け回る。

こんな感じに。

それを、画面から逃さないよう、必死に追っかけることでストレッチ効果が働き、コリがほぐれるというワケだ。途中、教官から女の子に変身したかと思えば……、

別のおじさんに変身!?

ちょっ、だれ〜!!!

こんな具合に、終始ハイテンションな2分間。それでも、スマホの使いすぎが原因で引き起こす肩こりを、スマホで解消しちゃおうというのがコンセプト。NPO法人日本ストレッチング協会がしっかり監修しているというから、おバカな動画でも、効果はお墨付き。スマホを手に座ったままの姿勢でできるというから、ぜひ試してみてはいかがだろう?

気になって仕方ないという人のために教えると、このメガネの紳士の正体は、日本ストレッチング協会理事長の長畑 芳仁氏である。まさかのご本人出演とは、いやはやどこまでもお祭り騒ぎだ。

ポイントは2つだけ

チュートリアルの動画もあるが何も難しいことはないので、ここでは要点だけをチェックしておこう。

ポイント1
まずは、基本姿勢。肩幅に両脚を開き、両腕と背筋をピンと伸ばして椅子に座る。ヒジや背中が曲がっては効果がないので注意。

ポイント2

教官をつねに画面の中心に捉えること。

あとは、教官のトリッキーな動きを正確に追っていくだけでOK。カラダはこんな感じに動いているはず。

さあ、お祭り気分で。3回繰り返せば、教官の「グウッジョ〜〜ブ!」が、もう頭から離れない。

Licensed material used with permission by SMART STRETCH 360

関連記事リンク(外部サイト)

講義中に着信アリ!女子大生にスピーカーで話すよう罰ゲームを促した教授が謝罪へ(動画あり)
あなたの体にも・・・スマホの使いすぎで起こりうる「4つのトラブル」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP