ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

サーフトリップにおすすめの海外旅行先7選

DATE:
  • ガジェット通信を≫

これからの季節、ますます楽しみになってくる夏のスポーツといえば、サーフィンです!日本で波に乗るのも良いですが、世界各国には、サーファーの胸をときめかせる素晴らしいサーフスポットが数多くあります。

今回の記事では、サーフィン好きなあなたに送る、サーフトリップにおすすめの海外旅行先をまとめました。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

 

プーケット(タイ)

エアアジア・ジャパンさん(@airasiajp)が投稿した写真 – 2016 6月 2 2:06午前 PDT

常夏のリゾートとして人気のプーケット。ビーチでのんびりするだけでなく、アクティブにサーフィンを楽しむのにもオススメの場所です。

プーケットのビーチは混雑していることがあまりないので、レンタカーを借りて、自分だけの波乗りスポットを探してみるのも良さそうです。

 

バハカリフォルニア(メキシコ)

Cultura Colectiva Viajesさん(@culturacolectivaviajes)が投稿した写真 – 2016 6月 2 3:31午後 PDT

サーファーの間では、メキシコはサーフィンスポットとしてとても有名です。

超ロングウェーブを堪能できる『プエルト・エスコンディード』というポイントや、『スコーピオンベイ』など、世界のサーファーを魅了するスポットがたくさん!

ただし、メキシコは治安が良くないので、現地ガイドを雇うなど工夫をするようにしましょう。

 

海南島(中国)

yoshibuさん(@yoshibu1003)が投稿した写真 – 2016 3月 19 4:09午前 PDT

中国のサーフポイントは、香港とこの海南島になります。海南島は、中国のハワイとも呼ばれるほど、人気の旅行先だそうです。

旅行者や家族などは多いですが、サーファーの数がとても少ないので、いい波を独り占めすることができます。

 

ノースショア(ハワイ)

Dave Estep/photographerさん(@estepworks_surf)が投稿した写真 – 2016 5月 29 8:00午後 PDT

サーフィンの聖地とさえ言われる、ハワイ・ノースショア。オアフ島のワイキキとは反対側にあるノースショアには、世界的に有名なサーフスポット『バンザイ・パイプライン』があります。

美しくパワフルな波に乗って、素晴らしい時間を過ごすことができます。

 

高雄(台湾)

LoveGmarketさん(@lovegmarket)が投稿した写真 – 2016 4月 8 7:41午前 PDT

食事もおいしく、波も良く、人も優しい台湾。そんな台湾でサーフィンを楽しみたいなら、高雄へ行きましょう!

コンスタントに波があり、その種類も豊富!サーフ文化も根付いているので、様々なサーフ用品を手に入れやすいのも、また嬉しいところです。

 

シャルガオ島(フィリピン)

Glorigin Borgoniaさん(@ginborgie)が投稿した写真 – 2016 5月 15 6:11午前 PDT

シャルガオ島はフィリピン南にあるミンダナオ地域にあり、数多くのサーフポイントが点在していることで有名です。

シーズンにより、サイズやウネリの向き、風が変わります。自然がいっぱいの島なので、ゆったりとしたい人にもオススメです。

 

バリ島(インドネシア)

Enjoy Wipeoutさん(@enjoy_wipeout)が投稿した写真 – 2016 4月 27 4:36午前 PDT

バリ島は世界中からサーファーが集まるサーフィンのメッカです。

島には数多くのサーフポイントがあり、レベルにあわせてポイントを選ぶことができます。

また、サーフツアー旅行専門店なども点在し、初心者の人でも気軽にサーフィンを楽しむことができるのも、この島の魅力の1つです。

 

この夏は、サーフポイントから行きたい場所を決めてみない?

日本から近いアジアから、遠くはアメリカまで、世界には実はこんなにも多くのサーフスポットが存在しています。

どの都市も、それぞれ違う魅力があって素敵ですね。海外でサーフィンを楽しみたい方は、ぜひ、今回ご紹介した都市を訪れてみてはいかがでしょう?

関連記事リンク(外部サイト)

今年の水着はもう買った?かわいさも機能性も◎な水着ブランドを大公開♡
欧米人で賑わうタイの秘境クラビ島。ニューヨークタイムズにも掲載された美しさとは?
美しくそびえ立つ10の灯台がため息が出るほど美しい!
危険?不思議?そんな世界のびっくり仰天ビーチ10選

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP