ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

銃乱射事件直後の殺害脅迫受け、フィルターが公演を中止

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 米ロックバンドのフィルターが殺害の脅迫を受けたため、6月13日の夜に予定していたスウェーデンのイェーテボリでのコンサートをキャンセルしていたことが明らかになった。前日12日には米フロリダ州オーランドで銃乱射事件が起きたばかりだった。

 バンドのフロントマン、リチャード・パトリックはステートメントにて、「フィルターの安全に対する脅威であり、軽く見るわけにはいきません。我々はキャンセルする必要があると感じており、ファンのみんなには本当に申し訳なく思います。米国での極めて暴力的な週末を受け、オーランドの罪なき犠牲者のご家族と、クリスティーナ・グリミーの友人やご家族に心からお悔やみ申し上げます」と述べている。

 フィルターはイェーテボリにあるナイトクラブ、Sticky Fingersに出演する予定だったが、キャンセルすることをフェイスブック上で発表した。

関連記事リンク(外部サイト)

米史上最悪の銃乱射事件に多くのアーティストがコメント
人気オーディション番組出身シンガー、会場で銃撃され死去
フィフス・ハーモニー、銃殺されたクリスティーナ・グリミーに黙とう捧ぐ

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP