ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

エイサップ・ロッキーが仏ブランド“ディオール・オム”の新たな顔に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ニューヨーク出身のラッパー、エイサップ・ロッキーがフランスの有名ファッションブランド、ディオール・オム(Dior Homme)の新しい顔を務めることが6月14日に発表された。

 ディオール・オムのアーティスティック・ディレクター、Kris Van Asscheが2016年秋コレクションに同ラッパーを起用したわけだが、ロッキーが同デザイナーを長きにわたりサポートしてきたことからすれば驚くことでもないだろう(ロッキーは同ブランドのショーやイベントに何度も参加している)。また、同ブランドのプレスリリースでは、ロッキーは“現代の都会的おしゃれな男らしさ”を具現化していると称している。

 この他、最新キャンペーンのモデルには映画『KIDS/キッズ』のラリー・クラーク監督、映画『Standing Tall』の俳優 ロッド・パラド、フランスのモデル Dylan Roquesも起用されており、フォトグラファー Willy Vanderperreによる写真でポーズを取っている。

 今回のニュースが発表される1週間前には、同じくファッションブランド J.W.アンダーソン(J.W. ANDERSON)がメンズ・アイテムにおけるロッキーとのパートナーシップを発表したばかり。また今年初めにも、デニムを多用する90年代風コレクションでGUESSと組んでいるエイサップ・ロッキー。ファッションへの愛がより深まっているのは明らかだ。

◎2016-2017秋冬DIOR HOMMEキャンペーン
http://www.dior.com/diormag/ja_jp/article/2016-2017秋冬dior-hommeキャンペーン

関連記事リンク(外部サイト)

エイサップ・ロッキーがWMEと世界的にエージェント契約
エイサップ・ロッキーがエレベーターの中で襲撃される
エイサップ・ロッキー 他界したエイサップ・ヤムズのアルバム制作中「クレイジーなほどかっこいいアルバムを、あいつは作っていた」

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP