ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「みずのいろ」は、水面に栄える四季を表現した和菓子です。(岐阜県大垣市)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

店頭、もしくは電話予約でのみ注文を受けつけ、そこから約10日ほど待ってようやく出会えるお菓子があります。岐阜県大垣市、わざわざ訪ねてでも手に入れたくなる、清らかで繊細な干菓子「みずのいろ」。

「水の郷」が奏でる四季を
五色のハーブで再現

清らかな水が街のいたることこから湧き出る美濃国大垣は、古くから“水の郷”として親しまれてきた土地。この水とともにお菓子を作り続けてきた創業260年の老舗「御菓子つちや」が、季節ごとに移ろいゆく水の色を干錦玉(ほしきんぎょく)で表現しました。

砂糖と寒天を煮詰めて冷やし固めた伝統的な干菓子を、型抜きぜずに極限まで薄くし、丸い水の玉を成形していきます。五色は水面に映る景色や訪れる四季をイメージし、ハイビスカス&ローズヒップ、オレンジピール、カモミール、スペアミント、バタフライ・ビー、とハーブで色付けしています。

淡い「みずのいろ」をこうして眺めていると、“無色透明な水”なんて、単なる思い込みに過ぎないのかもしれませんね。

予約して、製造を待って
店頭で受け取れる人のみ

ただでさえ干錦玉は、時間をかけて乾燥させる手間のかかる干菓子。天候にも左右されるそうです。繊細で割れやすい、ゆえに店頭で受け取りができる人のみ、五色の口福にたどり着くことができる希少性の高いもの。

完成まで約10日、心待ちにしながら飛騨高山に白川郷、下呂温泉など、国内随一の観光地をゆっくり巡ってみてはいかがでしょう?旅の終わりに珠玉のお菓子を手みやげに。

電話かメールにて注文をどうぞ。詳細はこちらから。

Licensed material used with permission by 御菓子つちや

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP