ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

米ディズニー・チャンネルのテレビ映画『ディセンダント』、続編の製作が正式に決定

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
DOVE CAMERON, BOOBOO STEWART, SOFIA CARSON, CAMERON BOYCE

本紙ヴァラエティが得た情報によると、米ディズニー・チャンネルは、同社の人気テレビ映画『ディセンダント』の続編にゴーサインを出した。前作のダヴ・キャメロン、キャメロン・ボイス、ブーブー・スチュワート、ソフィア・カーソン、ミッチェル・ホープが再び出演し、新たなキャストとして、アースラの娘ユマ役にチャイナ・アン・マクレインが加わる。悪役フック船長やガストンの子孫を含め、追加となる新キャラクターへのキャスティングはすぐに発表されるだろう。

再びケニー・オルテガが監督、エグゼクティヴ・プロデューサー、振付師を担当する。同作は、ディズニー作品で悪名高い悪役たちの10代の息子や娘らを描く。米ディズニー・チャンネル・ワールドワイドの社長兼CCO、ゲイリー・マーシュが行った6月10日(現地時間)の発表によると、2017年の公開に向け、今夏、製作をスタートする。

マーシュは声明の中で、「オーラドンの王国に”永遠の幸せ”が訪れたと思いきや、『Descendants 2(原題)』では、全く新しいミステリーと驚きが明らかとなります」と述べた。

前作の『ディセンダント』は、2015年に放送されたテレビ映画としては首位、そして、米国のケーブルテレビ史上5位の高い視聴率を記録した。

続編はサラ・パリオットとジョーサン・マクギボンが再び脚本を手掛け、両者はウェンディ・ジャフェットと共にエグゼクティヴ・プロデューサーも務める。コスチューム・デザイナーのカーラ・ソーンと、プロダクション・デザイナーのマーク・ホフェリングも続編に戻ってくる。トニー・テスタがオルガと共に振付師として、ショーン・ウィリアムソンがプロデューサーとして、新たにチームへ加わる。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。