体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

パリから日帰りで行きたい、フランスの美しい田舎町7選

パリを中心に交通網が発達しているフランスにはパリから日帰りで行ける魅力的な場所がたくさんあります。パリから日帰りで訪れたい7つの町をご紹介しましょう。

■あわせて読みたい
こんなところで休暇はいかが?知られざる美しいヨーロッパの田舎町
http://tabizine.jp/2013/11/06/1868/

ヴェルサイユ

パリから日帰りで行きたいフランスの美しい田舎街7選

ヴェルサイユの見どころといえば、世界遺産にも登録されているヴェルサイユの宮殿と庭園。宮殿に最も近い駅は「ヴェルサイユ・シャトー・リヴ・ゴーシュ」でパリからはおよそ30~40分です。

「有史以来、最も大きく、最も豪華な宮殿を」というルイ14世の一声でこの壮大な宮殿の建設が始まりました。フランス中の建築家や画家、彫刻家、造園家をはじめ何万人もの労働者が駆り出されてできたのがこの世界一華麗な宮殿です。

パリから日帰りで行きたいフランスの美しい田舎街7選

ヴェルサイユ宮殿で最も豪華な空間が、73メートルもの鏡張りの大回廊をもつ「鏡の回廊」。宮殿本館以外にも、見事な幾何学模様の庭園やトリアノン宮殿、マリーアントワネットの離宮など、広大な敷地内に絢爛豪華な建造物が並びます。ゆっくりと一日かけて、目もくらむほど華麗な王族の世界に浸ってみましょう。

パリから日帰りで行きたいフランスの美しい田舎街7選

フォンテーヌブロー

パリから日帰りで行きたいフランスの美しい田舎街7選

パリ・リヨン駅からフォンテーヌブロー・アヴォン駅までは鉄道で約40分。駅から世界遺産のフォンテーヌブローの宮殿と庭園まではバスで15分です。

パリから日帰りで行きたいフランスの美しい田舎街7選

フォンテーヌブロー城はもともと、パリの王族が周囲の森で狩りを楽しむために泊まった小さな家でした。それをフランソワ1世からルイ16世まで歴代の王が増改築を繰り返して現在の姿となったのです。

パリから日帰りで行きたいフランスの美しい田舎街7選

12世紀から18世紀までの建築様式が凝縮された多様性は一見の価値があります。城の周囲に広大な森が広がる自然豊かな環境も魅力。歴代のフランス王が愛した場所をゆったりと散策してみませんか。

ジヴェルニー

パリから日帰りで行きたいフランスの美しい田舎街7選

パリ・サン・ラザール駅からヴェルノン駅まで鉄道で45~60分、そこからバスでさらに20分。ジヴェルニーはモネが晩年を過ごした村として知られています。

パリから日帰りで行きたいフランスの美しい田舎街7選

ジヴェルニーの自然の美しさに魅せられたモネは43歳のときにここに移り住みました。日本の浮世絵コレクションと四季折々の花々で彩られたモネの家が公開されています。

1 2 3次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy