ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ジャスティン・ティンバーレイク「キャント・ストップ・ザ・フィーリング」、5週連続NO.1を獲得

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ジャスティン・ティンバーレイクの「キャント・ストップ・ザ・フィーリング」が、Billboard JAPAN洋楽チャート“Hot Overseas”で5週連続1位を獲得した。

 エアプレイ、デジタル、YouTube、Twitterで、それぞれ安定したポイントを積み上げた「キャント・ストップ・ザ・フィーリング」。連日のエアプレイを通じて、洋楽ファンのみならず幅広い層にも浸透した結果、今週のJAPAN HOT 100でも19位を獲得するなど人気の強さを見せつけた。

 一方、エアプレイ数において「キャント・ストップ・ザ・フィーリング」を抜き去り、2位を獲得したのはカイゴ「ステイ feat.マティー・ノイエス」。現時点ではエアプレイとTwitterの2指標のみにも関わらず総合2位を獲得しており、先週からの躍進に続き、来週以降の動きに注目だ。

 その他、ジャスティン・ビーバーの「ソーリー」が順位を大きく上げ8位を獲得。YouTubeの閲覧回数に加え、ストリーミングでも大きくポイントを獲得し、今回で33回目のチャートインを果たした。また、ドレイク「ワン・ダンス feat.ウィズ・キッド & カイラ」は、初登場19位。米Billboard HOT 100では6週連続1位と他を寄せ付けない強さを見せており、日本盤リリース以降の動きが期待される。

◎【Hot Overseas】トップ10
1位「キャント・ストップ・ザ・フィーリング」ジャスティン・ティンバーレイク
2位「ステイ feat.マティー・ノイエス」カイゴ
3位「ワーク・フロム・ホーム feat.タイ・ダラー・サイン」フィフス・ハーモニー
4位「イントゥ・ユー」アリアナ・グランデ
5位「トライ・エヴリシング」シャキーラ
6位「ディス・イズ・ホワット・ユー・ケイム・フォー feat.リアーナ」カルヴィン・ハリス
7位「ダーク・ネセシティーズ」レッド・ホット・チリ・ペッパーズ
8位「ソーリー」ジャスティン・ビーバー
9位「ウェイク・ミー・アップ!」アヴィーチー
10位「シュガー」マルーン5

関連記事リンク(外部サイト)

6月20日付 Billboard JAPAN 国内洋楽チャート“Hot Overseas”
V6「Beautiful World」、藤原さくらの猛追を退け総合首位獲得
堂本剛 セールスポイント守りきり首位、平井 大の新作ALはDLで1位

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP