ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

居酒屋さんにハンバーガーが登場!? メニューに加えた理由を聞いてみた

DATE:
  • ガジェット通信を≫
f:id:naruse_e:20160519213256j:plain

大学生のときに「初デートでチェーン店の居酒屋さんに行くのはアリかどうか」について、友達と議論になったことがありました。

「絶対にやだ」という子もいれば「気にしない」という子もいたし、「顔がよければそれをつまみに飲めるからどこでもいい」というのもわからなくもないし、人によってかなり違いましたが、当時の私は「『土間土間』ならいいんじゃないの?」なんて言った記憶があります。

だって、「土間土間」最高じゃないですか。お店もキレイな感じで、女子ウケもいいのでは。

そんな個人的に初デートにおすすめの土間土間から、4月8日から6月30日までの期間限定で一口サイズの3種類のバーガーをセットにした「バルバーガー」がメニューに登場しています。

居酒屋さんなのに、ハンバーガー

お酒とハンバーガーって合うとは思うけど、なんか斬新。大人数で行ったときに頼んでも、みんなで分けて食べられないし……。どうして居酒屋さんでハンバーガーなんだろう。

そこで、「土間土間」を展開している株式会社レインズインターナショナルの広報・中澤里美さんにメニュー化した理由をうかがいました。

──バルバーガーを考案したきっかけを教えてください。

これまでも話題になりそうなものや流行のメニューなどはいろいろ商品化してきましたが、「『土間土間』で、これまでにないような新しいスタイルを提供できないか」というのがきっかけでした。そのときに、ちょうどグルメバーガーが話題で「ハンバーガーをビールで流し込んだら絶対おいしい!」「ハンバーガーにはコーラのイメージもあるけど、スパークリングワインも合いそう」なんて思っていたんです。それで、“居酒屋がハンバーガー戦争に参入!”というのも面白いと感じたのもあって、バルバーガーを考案しました。

──確かに、居酒屋さんでハンバーガーというのは話題性もありそうですもんね。バルバーガーのおすすめのポイントを教えてください。

f:id:naruse_e:20160520163314j:plain

▲バルバーガー(3個セット)745円

「スライダー」と呼ばれる、ミニサイズのハンバーガーなのがポイントです。直径6cmほどの大きさにしたのは、気軽に注文してもらうためです。

また、3つのハンバーガーのなかで個人的におすすめなのが、ロブスターバーガーですね。表参道にあるロブスターロール専門店の「LUKE’S」が人気ですが、「土間土間」のロブスターバーガーも負けていません!

ロブスターの爪肉を1本丸々使っていて、プリプリな食感と濃厚なオマールソースの相性は抜群です。正直なところ、原価ももちろんかけていますし(笑)、ロブスターの旨みが詰まっていてかなりおいしいんです。

──バルバーガーをどんな人に食べてほしいですか?

そうですね。メインターゲットは女性なのですが、男性にもぜひ食べていただきたいです。居酒屋ではお酒を飲むのがメインで、食事はちょっとつまむ程度という人が多いと思うんです。しかし、せっかくの食事の場ですから満腹感を味わって欲しいと思います。ハンバーガーならガツンとお腹にたまるので、ぜひバルバーガーを食べてみて欲しいです。

ちなみに、店員さんに頼めばカットしてから出してくれるそうなので大人数でも分けて食べられるとのこと。よかった! これなら飲み会で注文しても安心ですね。

バルバーガーは期間限定販売だけでなく、各店舗1日10食の数量限定。ぜひ「今しかないから」という女子が好きそうなフレーズをチラつかせて、初デートで「土間土間」に行って、バルバーガーを仲良くシェアしてみるのもいいのではないでしょうか。

※ 金額はすべて消費税込です。

お店情報

ウェブサイト:http://www.hotpepper.jp/gstr00014/

※詳細は上記ウェブサイトをご覧ください。

f:id:naruse_e:20151020180346j:plain

書いた人:

成瀬瑛理子

神奈川県横浜市出身。編集プロダクション・プレスラボ所属の編集・ライター。お酒を飲んだら「葉っぱ1枚しか食べない」と言われるほど、アルコールが入ると少食になります。

関連記事リンク(外部サイト)

先の副将軍・水戸光圀垂涎!? ウマすぎる「鮭の皮おにぎり」をこさえました
タレント星野ルネの里帰り報告。日本のお菓子はカメルーンっ子たちに受け入れられるのか?
あの時話題だった「50℃洗い」でホントに食べものがおいしくなるのか試してみた【理系メシ】

カテゴリー : グルメ タグ :
メシ通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。