ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

シナリオアート、カラフルな側面を表現したシングル「エポックパレード」アートワーク公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

7月6日にリリースされるシナリオアートの1stシングル「エポックパレード」。同シングルのアートワークが公開された。

今作は、彼らのダークサイドを表現したという前作「dumping swimmer」を経て、シナリオアート史上最もポップで開けた楽曲になっている。

公開されたニューヴィジュアルは、映像作家の牧野惇氏が手掛けており、サウンド同様、シナリオアートのカラフルな側面が表現されている。なお、牧野氏と同曲のミュージックビデオも現在制作中とのことで、公開が待たれる。

リリース情報
シングル「エポックパレード」
2016年7月6日発売

初回生産限定盤(CD+DVD) KSCL-2742〜3 1,389円+税

通常盤(CD) KSCL-2744 926円+税

関連リンク

シナリオアートオフィシャルサイトhttp://www.scenarioart.jp/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP