ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

聞いていた話と違う!和痛にしたら陣痛が弱まり、出産が途中でストップ…

DATE:
  • ガジェット通信を≫

痛みには強いのですが、無痛に興味があり和痛分娩ができる産院を選択しました。

海外は無痛が主流と聞いていたし、陣痛の痛みに耐えて一人前という考え方にも反発があったのと、痛みが少ないと産後の回復も良いとも聞いていたからです。

和痛だと無痛に比べて子宮口が開くまでの時間が短縮され、痛みも残るのでいきみやすく、産んだ実感も持ちやすいと聞いて、良いと思ったのですが…。 関連記事:和痛分娩はオススメ!副作用なし、「それなり」の痛みも経験

いざ出産。

陣痛が酷くなってから開始です。

最後にほんとにやるかの確認があり、看護師さんにはしないことを勧められましたが、何でも経験したくてお願いしました。

私の場合は、腕から点滴され、痛くなったらボタンを押し麻酔が追加されるタイプでした。

一定時間中に点滴出来る量は限られており、上限を越えるとしばらく麻酔が入りません。

最初だけくらくらしましたが、ほんとにすっと痛みが消えた事に感激しました。意識も残ります。

しかしそのうちに嘔吐。

そしてそれまで順調だった子宮口の広がりがストップしてしまったのです…。

聞いていた話と違う!また完全無痛ではないため痛みはありしんどい。

結局、陣痛が弱まる事で出産の進行事態が止まってしまった様で、結局、麻酔を止めて陣痛に耐えて出産しました。

産後あらためてよく調べてみると、私のように麻酔で出産の進行が止まる人がいると分かりました。

また無痛分娩ではいきみが弱くなる為、骨盤が狭く筋力も弱いアジア人では吸引になることが多くて勧められないともありました。

経産婦なら、産まれやすいので良いのかもしれませんが、初産だと余計に大変になるのかもしれません。

私自身、陣痛を経験し、これを乗り越えることで母になるんだと感じて、最初から普通分娩でも良かったかなと思いました。

なお、出産に時間がかかった代わりに、出血はあまり多くなく、産後の回復も良かったです。

良かったのはそれくらいでしょうか。

完全無痛なら痛みも無く良いのかもしれませんが、中途半端な和痛はあまりお勧め出来ないというのが私の感想です。

なお私の通った産院では、和痛希望者は検診時に説明を受けて同意書を提出。

費用は追加2万円でした。 関連記事:2時間で5万円也。安産体質な私に、果たして和痛は必要だったか

著者:あやめ

ぎりぎり30代前半で初産でした。理系のため、検査などにはとても興味が有るタイプです。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

無痛分娩
無痛分娩で良かった!
無痛分娩とはいえ、決して痛みは無ではなかった

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。