ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【米ビルボード・アルバム・チャート】ドレイクの『ヴューズ』が週間セールス13万枚を突破し、6週目の首位をマーク

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 100万枚を超える初動枚数を突破した初登場週から、6週にわたってNo,1を死守しているドレイクの4thアルバム『ヴューズ』。ソング・チャートでも、アルバムからのタイトルが100位内に10曲ランクインするという強さをみせていて、それらのストリーミング・ポイントが、アルバムのセールスに大きく反映していることが、大ヒットの要因となっている。

 3位に初登場したのは、サイモン&ガーファンクルのポール・サイモンが、およそ5年ぶりにリリースした13枚目のスタジオ・アルバム『ストレンジャー・トゥ・ストレンジャー』。前作『ソー・ビューティフル・オア・ソー・ホワット』(2011年)でマークした4位に続き、2作連続、通算7作目のTOP10入りで、英国(UK)チャートでは、ソロ4作目の首位獲得を果たした。サイモン&ガーファンクルの大ヒット曲「明日に架ける橋」を手掛けたロイ・ハリーがプロデューサーとして参加している。

 続いて4位には、デンマークのヘヴィメタル・バンド、ヴォルビートの3年ぶりとなる新作『シール・ザ・ディール&レッツ・ブギー』がデビュー。前作『アウトロー・ジェントルメン&シェイディ・レディース』で初のTOP10入り(最高位9位)を果たし、本作ではさらにランキングを伸ばし、自己最高位を更新した。本国デンマークでは、2ndアルバムから5作連続のNo,1獲得を果たしている。

 5位にはカントリー・シンガーのマレン・モリスが初登場。2005年リリースのデビュー・アルバム『ウォーク・オン』から4作目となるアルバムで、本作『ヒーロー』で自身初のTOP10入りを果たした。これまでチャートインすらしたことなかったマレンだが、一気に飛躍した理由として、本作からのリード・シングル「マイ・チャーチ」がカントリー・チャートで5位まで上昇するヒットに至ったことがあげられる。

 今週はリリースラッシュで、初登場作品が目白押し。8位には、カントリー・デュオ、ダン+シェイの2ndアルバム『オブセスト』がデビューから2作連続のTOP10入りを果たし、16位にはティーガン&サラの『ラヴ・ユー・トゥ・デス』が初登場。18位にはテキサス州出身のヘヴィメタルバンド、ヘルイェーの5thアルバムが初登場し、25位にはベアトゥース2年ぶりとなる新作が、26位には、ラッパーのジューシー・Jとウィズ・カリファのコラボ・アルバムがデビューを果たしている。Text:本家一成
※関連リンク先の米ビルボード・チャートの掲載は、15日22時以降となります。

◎【Hot200】トップ10
1位『ヴューズ』ドレイク
2位『レモネード』ビヨンセ
3位『ストレンジャー・トゥ・ストレンジャー』ポール・サイモン
4位『シール・ザ・ディール&レッツ・ブギー』ヴォルビート
5位『ヒーロー』マレン・モリス
6位『アンチ』リアーナ
7位『デンジャラス・ウーマン』アリアナ・グランデ
8位『オブセッスド』ダン・シェイ
9位『イフ・アイム・オネスト』ブレイク・シェルトン
10位『ブラーリーフェイス』トウェンティ・ワン・パイロッツ

関連記事リンク(外部サイト)

6月25日付 The Billboard 200 全米アルバムチャート
6月25日付 Billboard HOT 100 全米ソングチャート
【米ビルボード・ソング・チャート】アルバム『ヴューズ』と共に、ドレイクの「ワン・ダンス」が、今週も二冠を制す

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP