ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

添加物不使用の素朴な甘さの餡が入った温泉まんじゅう

DATE:
  • ガジェット通信を≫

6月14日放送の「歴史の道歩き旅」(テレビ東京系、午前07時35分~)では、栃木県大田原市から「奥の細道」を巡りながら福島県白河市を目指す旅の中で、秋本奈緒美さんが「御菓子司処・明治屋」(栃木県那須塩原市)を訪れた。同店はJR東北本線宇都宮線黒磯駅から徒歩2分ほどにある、明治元年(1868年)創業の和菓子店。

名物と言われる創業当時から作られている「温泉まんじゅう」は、良質の那須高原で作られた小豆を農家から直接買い入れし、黒糖で仕上げて風味豊かにしっとりふっくらした自家製餡が入っている。店頭で蒸かしあげ、作り置きをしない饅頭は、重層を除く添加物、保存料を一切使用せずに作られており、餡と皮のバランスとのとれた素朴な味わいの1品だ。
店先でさっそく一口いただいた秋本奈緒美さんは、「あっ、餡がおいしい!もちろん周りの皮も美味しいんですけど、なんだかすごく懐かしい味がする。ほんとに餡がおいしい」と感激したコメントをした。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:御菓子司処 明治屋(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:黒磯のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:カフェ・スイーツのお店紹介
ぐるなび検索:黒磯×カフェ・スイーツのお店一覧
豚肉の旨味が凝縮したトンテキ定食
世界チャンピオンが握る絶品創作寿司!

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP