ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「ガンジーしか無理」オードリー若林の女性観に共感

DATE:
  • ガジェット通信を≫


6月9日に放送されたバラエティ番組『アメトーーク!』(テレビ朝日系)で、「やっぱり結婚したくてタマらない芸人」のひとりとして、オードリーの若林正恭(37歳)が出演。人気歌手・西野カナの曲「トリセツ」の歌詞を引用し、これが女子の気持ちなら「絶対ムリ!!」と吐露したことがネットで共感を集めている。

【もっと大きな画像や図表を見る】

若林は「一生独身かも…と思った瞬間」というお題に対し、自分は女子の気持ちが基本的にわかっておらず、「これが標準ならダメだと思った歌がある」と前置きしたうえで、西野カナの「トリセツ」を例に挙げた。同曲は、

・ふいに不機嫌になって反応しないことがあるが、そのまま放置されると怒る
・悪いと感じているけれど、そんな自分にとことん付き合ってほしい
・旅行は時々行きたい、記念日はちゃんと祝ってほしい
・広い心をもってすべてを受け入れてほしい

といった女子の心情を「取扱説明書」になぞって伝えているが、若林はこの歌詞を朗読しつつ、ポイントポイントで「絶対無理!!」「ガンジーしか無理じゃないですか!」とツッコミを入れた。

Twitterでは、

「アメトークの若林の発言、やばいぐらいわかるw」
「男の気持ちを代弁してくれてありがとうw」
「前からだめだ、西野カナを聴きときめく女とは付き合えない。そう感じた西野カナの『トリセツ』と言う歌をアメトークで若林が代表して答えてました」

と男性とおぼしきユーザーから、若林に共感する声が相次いだ。その一方で、

「女だけど、西野カナのトリセツは私も理解できないよ。だから若林さんの気持ち超分かる」
「わたしがもし男でこんな女の子とつきあうことになったらどうしよう絶対ヤダとかすごく思ってた」
「若林が言ってた西野カナの『トリセツ』が理解出来ないの本当に女の私でも共感する」

と、意外にも女性らしきユーザーからも非難されることなく、多くの支持を集めていた。

普段思っていてもなかなか口にすることがはばかられる“理解しがたい女心”に、見事なツッコミを入れた若林。男性はもとより女性にも多くの共感を呼んだようだ。
(山中一生)
(R25編集部)

「ガンジーしか無理」オードリー若林の女性観に共感はコチラ

※コラムの内容は、R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

ナイナイ岡村が言及 春日の体は「芸人としてダメ」?
「結婚したら姉は苦労」芸人TOP10
義理の兄になってほしい芸人1位は
西野カナ「トリセツ」は“神曲”?
珍語・新語が続々!「日本語ポンコツ芸人」出川の神回

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP