ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アリ対A.猪木 リアルファイト異種格闘技戦実現の経緯

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 1976年6月26日、現役世界ヘビー級王者のボクサー、モハメッド・アリ対プロレスラー、アントニオ猪木の対決に日本中が熱狂した。来日直前、「エキジビションファイトを行う」と語っていたアリが、なぜリアルファイトの異種格闘技戦をすることになったのか。ノンフィクションライターの柳澤健氏が、その舞台裏を解き明かす。

 * * *
 1960年ローマ五輪のボクシングライトヘビー級で優勝したカシアス・クレイ、後のモハメッド・アリの武器は、常人を遥かに超える動体視力と反射神経、そしてフットワークだ。

 それらすべてを使ってアリは相手のパンチを軽々と避け続け、フラフラになった相手をKOして世界チャンピオンにまで駆け上った。

 ところがイスラム教に改宗し、モハメッド・アリと名を変えたアリは、ベトナム戦争への徴兵拒否によって王座を剥奪され、ボクシングライセンスを停止されてしまう。3年7カ月後に復帰したアリは、かつての華麗なるフットワークを失っていた。

 だからこそアリは、至近距離で打ち合うスリリングな試合をせざるを得なかった。ジョー・フレイジャーとの“スリラ・イン・マニラ”やジョージ・フォアマンとの“キンシャサの奇跡”は、アリが衰えたからこそ人々を熱狂させる試合になったのだ。

 34歳になったアリは、もっと楽な試合を望んでいた。

 プロレスラーとのエキジビションマッチをやれば600万ドル(当時のレートで約18億円)もの大金を稼げる。おいしい話に飛びついたアリは、ブラッシー(※)をマネージャーにつけて張り切って来日した。世界一のプロレスを見せてやろう。

【※フレッド・ブラッシー。「吸血鬼」のニックネームで知られるプロレスラー】

 ホテルに落ち着いたアリは、すぐに通訳のケン田島(イギリス生まれのフリーアナウンサー)に今後のスケジュールを尋ねた。

「いつリハーサルをやるんだ?」

 通訳が猪木に確認すると、猪木はこう答えた。

「リハーサルなどやらない。これはリアルファイトだ」

 アリは驚愕した。

 契約書には高額の違約金が設定され、キャンセルすることは不可能だった。アリは自分に騙し討ちを仕掛けた猪木を、リング上で制裁する決意を固めた。ボクシングの現役世界チャンピオンとプロレスラーとリアルファイトの異種格闘技戦は、このような経緯で実現したのだ。

●やなぎさわ・たけし/1960年東京生まれ。文藝春秋に入社し、『週刊文春』『Number』編集部などを経てフリーに。主な著書に『1976年のアントニオ猪木』『1964年のジャイアント馬場』など。近著に『1974年のサマークリスマス』がある。

※週刊ポスト2016年6月24日号

【関連記事】
A・猪木 プロレスの枠を超える「対世間」を意識していた
馬場vs猪木が支持を得た理由 日本の葛藤を描いていたから
日本プロレス界の父・力道山 大変貴重なリング上カラー写真

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP