体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

元ANAトップCAが教える、相手を喜ばせる「気遣い」のコツ

ANA(全日本空輸)在籍時代、天皇皇后両陛下、英国元首相マーガレット・サッチャー氏をはじめとするVIP特別機を担当し、トップCAとも言われていた里岡美津奈さん。 彼女の新刊『いつもご機嫌な女でいるためのちょっとしたコツ』には、その経験から培った“気遣い”のヒントが紹介されています。 手軽にトライできるものばかりなので、仕事やプライベートでぜひ実践してみては?

「お疲れさま」のひと言で
相手は温かい気持ちになる

元ANAトップCAが教える、相手を喜ばせる「気遣い」のコツ

外国の方に、「日本人はどうして朝から『お疲れ様』って言うの? 朝は疲れていないよ」と聞かれることがあるのですが、そのとき「『Hi!How are you?』と声をかけるのと同じよ。 Hiと同じ挨拶なの」と答えています。

「お疲れさま」とねぎらいの声をかけられたら、嬉しいですよね。 ねぎらいの言葉をかけるのは、日本の美意識の表れの一つです。 「お疲れさま」の中には、「いつも一緒に働いてくれてありがとう」「毎日頑張っていますね」など、様々なねぎらいの気持ちが込められています。 言われたほうは、一言声をかけられただけで暖かい気持ちになるものです。「お疲れさま」を言い合うことが、社会の潤滑油になっているのです。

話が苦手な人は、
傾聴の姿勢があればOK

人見知りや口下手のせいで、機転がきかない、気の利いたことを話せないと悩んでいる方も多いでしょう。 しかし、私はそのことを短所だとは思いません。むしろ、相手に話すスキを与えずにしゃべり続けてしまう人よりも、よほど好感度が高くなる可能性があると思っています。

相手に7割話してもらい、自分は3割にとどめる。この7対3の会話が、相手にとって「今日は楽しかった」と思う比率になるそうです。うまく話せない人は、聞き上手になればいいのです。さらに、相手の話を聞いているときの自分の表情や態度を意識するといいと思います。

微笑みながら相槌を打ったり、椅子から身を乗り出して話を聞くなど傾聴の姿勢を示せば、相手は「この人は興味を持って話を聞いてくれている」と安心します。

初対面の人に会うときは
2番目に好きな装いで

元ANAトップCAが教える、相手を喜ばせる「気遣い」のコツ

これは、私が日頃から心がけていることです。 初対面だからこそ、最も好きな服を着て気合いを入れようと思う人もいるかもしれませんが、とっておきの一着を着ると、それに合わせてヘアスタイルも、身に付けるアクセサリーやバッグも、履いていく靴もとっておきのモノで揃えたくなり、“盛り過ぎ”感が出てしまいます。 アクセル全開の装いは、ときに相手に威圧感を与えてしまうことがあるのです。 

第一印象で「なんか派手な感じで苦手」と思われたら、次に会うチャンスを逃してしまいます。 だから、リスクヘッジの意味でも2番目にお気に入りの装いをおすすめします。 清潔感を意識した服装を心がけましょう。「もう少し足したい」ところで止めるのがベストです。 

相手に華を持たせる気持ちで装いも態度も控えめで挑むと、安心感を与えコミュニケーションが円滑に進みます。

親しい人に対しても、挨拶は
落ち着いたテンションで

元ANAトップCAが教える、相手を喜ばせる「気遣い」のコツ

人は毎日、体調も微妙に違えば、心のコンディションも違います。 その日の状態で、相手の言動をどう受け止めて、どのように反応するかは変わってきます。「今日はなんとなく気分が優れない…」と感じている人に対して、高めのテンションで「おはようございます!」と言ったら、引かれてしまうでしょう。

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会