ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

最高すぎる玉子焼き「赤鬼とうきょう・のりたま弁当」のヒミツを直接聞いてきた

DATE:
  • ガジェット通信を≫


超シンプルうまい玉子焼き弁当があった

「巨人 大鵬 玉子焼き」って言葉、ご存知ですか? 「子どもに人気のあるもの」の代名詞をあげた昭和の流行語です。しかし時代は平成となり早や28年、昭和の子供たちもとっくに立派な大人となった今も、玉子焼きの美味しさには変わりがありません。

そんな皆が大好きな玉子焼きを、まるまる1本、味わうことの出来るのり弁があるというので、さっそく買いに行ってきました。

その玉子焼きの入ったお弁当を買うことが出来るのは、都内では2店舗。西武新宿PePeと大泉学園ゆめりあフェンテにある自然食品・無添加食品専門店の「ボンラスパイユ」です。

「ボンラスパイユ」は、国産小麦・天然酵母使用のパン、おからや米ぬかを使ったお菓子、 フェアトレードのコーヒー、無添加のお惣菜やお弁当など、こだわりの食品を取り扱ったお店です。

お弁当コーナーに発見!

キュートな黄色がひときわ目を引く「玉子焼き 赤鬼 とうきょう」のお弁当やお惣菜の数々です。

メニューは、砂糖を使った甘い玉子焼きの入った「赤鬼のりたま弁当」(598円 ・税別)と、葱入りで甘くないだし巻き玉子の入った「青鬼のりたま弁当」(698円 ・税別)、赤鬼玉子焼きに加えて、数品のおかずが入った「赤鬼いろどり弁当」(630円 ・税別)。その他にも、鹿児島産黒豚のそぼろと玉子の組み合わせが楽しめる「赤鬼黒豚そぼろ丼」(698円・税別)、和三盆を使用した「赤鬼和三盆玉子焼き」(598円・税別)などを買うことが出来ます。

こちらが「赤鬼のりたま弁当」。

のり弁といえば、白米の上に、おかかや昆布の佃煮をのせて海苔を敷いたものに、白身魚のフライにちくわの天ぷら(or 磯部揚げ)、そしてきんぴらごぼうに、たくわんのおかずの乗った、ある意味男らしいお弁当の代表格というイメージですが、「赤鬼のりたま弁当」のおかずは、直球に玉子焼きだけ

玉子焼きにかける、自信の程がうかがえます。

食べてみると、玉子は優しい味ながら、しっかりとだしと甘みが効いてます。ふわふわで冷めていても、美味しい! 角切りの大根は甘酢漬けでほどよいアクセントになります。持って帰ってくる途中にやや散乱してしまいましたが、ご飯の下にはおかかが敷かれています。

「青鬼のりたま弁当」のほうは、もう少しあっさりしつつも、甘みがない分だけ、だしの味が引き立ってます。「甘い玉子焼きは苦手」という方はこちらをどうぞ。

「赤鬼いろどり弁当」には、赤鬼玉子焼きに加えて、鶏肉のしょうが焼き、昆布の佃煮、青菜のおひたし、人参のきんぴらなどのおかずが。玉ねぎの自然な甘みが際立っているしょうが焼きは柔らかく、昆布は甘くてうまみがとにかく強い。人参はほんのりと甘くてごま油の風味が後を引き、青菜はしゃきっとして滋味深い。

すべてがいい素材を使って、丁寧に作られています。お弁当というと、添加物やカロリーが気になるけれど、「玉子焼き 赤鬼 とうきょう」のものならば、毎日食べても健康をバッチリ保てそうですね。

「赤鬼のり弁」の玉子焼きへのこだわりとは

しかし、なぜゆえに玉子焼き一本で勝負に出たのか。大久保にある厨房へうかがい、そのこだわりを聞いてみました。

――そもそも、お店を始められたのきっかけは?

「僕の父親が香川県の高松で玉子焼き屋さんをしておりまして。で、せっかくだから、その玉子焼きを東京の皆さまにも提供できないかな、と考えたのが最初です。東京でお店をオープンしたのは、3年前、2013年の4月12日ですね。ちょっと前までは、ここの店舗で販売やイートインもしていたのですが、現在は厨房としてのみ機能させております」

――この卵の特徴ってどんなものでしょうか。

「卵は、父親が使っているのと同じ、香川県産のものを使ってます。色が鮮やかで黄色が濃い。これは僕の感覚ですが、他のものと食べ比べても味が濃厚で、玉子焼きに合う味ですね。養鶏場から直送で届くので、鮮度もいいです」

――玉子焼き一本っていうのは、結構、挑戦的な試みだと思うんですが。

「特徴を絞った専門店にしたくて。東京には玉子焼きの名店がたくさんありますが、この味もぜひ食べてみていただきたいと思ったんです」

――実は、わたしも、この近くを歩いていて「えっ、おかずが玉子焼きだけののり弁!?」と驚いたのが最初です。だけど、食べてみると、美味しくてこれだけで、もう満足です。「赤鬼」を食べるか「青鬼」を選ぶか、悩んじゃう人もいると思うのですが、それぞれの特徴をお願いします。

「両方とも、枕崎の鰹節と、利尻の昆布だけを使った一番だしが共通していて、『赤鬼』のほうはそこに砂糖と醤油と塩を加えて、合わせだしにしたものを使用しています。甘いですが、東京の玉子焼きと比べると、やや控えめになっていると思います。『青鬼』は砂糖が入っておらず、だしと醤油と塩だけですね」

――ものすごくシンプルなのに、美味しいってすごいですね!

「とことんシンプルに素材の旨みをいかして作っています。うちの商品はすべて、HPで材料を公開しているのですが、それ以外のものは一切使っていません。ちなみに一本焼くのに5分程度、卵は3個使用しています」

――すべての素材をHPで公開し始めた理由って?

「飲食店でも、産地を一部公表しているお店はありますけど、すべてを公開しているところはなかなかないですよね。『××産野菜のなんとか』とか『○○産和牛のなになに』とメニューにあっても、それ以外のものは書かれていない。『じゃあ、他のものは何なんだろう』ってずっと思っていました。だから、『うちは全部公開してみよう』と」

――砂糖や塩まで公表されているのは珍しいですね。これは確かに安心ですね。健康に気づかっていつつも「やっぱり美味しいものを食べたい」という人に、多く知ってもらいたい玉子焼きです。どうもありがとうございました。

「赤鬼」「青鬼」ともに、玉子焼きだけでも販売されているので、手みやげとしても多く利用されているそうです。興味のある方はぜひ食べてみてください!

お店情報

「玉子焼き 赤鬼 とうきょう」のお弁当やお惣菜が買えるお店

ボンラスパイユ 西武新宿ぺぺ店

住所:東京都新宿区歌舞伎町1-30-1 西武新宿ぺぺB2

TEL:03-5287-1831

営業時間:10:00~22:00

※「玉子焼き 赤鬼 とうきょう」のお弁当は月曜日・水曜日・土曜日のみの販売になります。

「玉子焼き 赤鬼 とうきょう」のホームページ


書いた人:

天川めお

主にフード系の記事を書くライター。残りの人生の寿命を考えたら、まずいものは一口たりとも食べたくない煩型(うるさがた)。食に求めるのはトキメキです。

関連記事リンク(外部サイト)

新大久保「ソルマリ」で味わう現地まんまのネパール郷土料理。インド料理とはこうも違うか!
新大久保の「イスラム横丁」は異国情緒あふれる安うまグルメの穴場スポットだった!
町田で噂のJAMI JAMIバーガーは、「秘密の裏の店」で食べるとさらにウマいという話

カテゴリー : グルメ タグ :
メシ通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。