体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

最高すぎる玉子焼き「赤鬼とうきょう・のりたま弁当」のヒミツを直接聞いてきた

f:id:Meshi2_IB:20160425191242j:plain

超シンプルうまい玉子焼き弁当があった

「巨人 大鵬 玉子焼き」って言葉、ご存知ですか? 「子どもに人気のあるもの」の代名詞をあげた昭和の流行語です。しかし時代は平成となり早や28年、昭和の子供たちもとっくに立派な大人となった今も、玉子焼きの美味しさには変わりがありません。

そんな皆が大好きな玉子焼きを、まるまる1本、味わうことの出来るのり弁があるというので、さっそく買いに行ってきました。

f:id:Meshi2_IB:20160425191243j:plain

その玉子焼きの入ったお弁当を買うことが出来るのは、都内では2店舗。西武新宿PePeと大泉学園ゆめりあフェンテにある自然食品・無添加食品専門店の「ボンラスパイユ」です。

f:id:Meshi2_IB:20160425164352j:plain

「ボンラスパイユ」は、国産小麦・天然酵母使用のパン、おからや米ぬかを使ったお菓子、 フェアトレードのコーヒー、無添加のお惣菜やお弁当など、こだわりの食品を取り扱ったお店です。

f:id:Meshi2_IB:20160425164353j:plain

お弁当コーナーに発見!

キュートな黄色がひときわ目を引く「玉子焼き 赤鬼 とうきょう」のお弁当やお惣菜の数々です。

f:id:Meshi2_IB:20160425164354j:plain

メニューは、砂糖を使った甘い玉子焼きの入った「赤鬼のりたま弁当」(598円 ・税別)と、葱入りで甘くないだし巻き玉子の入った「青鬼のりたま弁当」(698円 ・税別)、赤鬼玉子焼きに加えて、数品のおかずが入った「赤鬼いろどり弁当」(630円 ・税別)。その他にも、鹿児島産黒豚のそぼろと玉子の組み合わせが楽しめる「赤鬼黒豚そぼろ丼」(698円・税別)、和三盆を使用した「赤鬼和三盆玉子焼き」(598円・税別)などを買うことが出来ます。

f:id:Meshi2_IB:20160425164355j:plain
1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。