体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

カクテル好きは絶対に見逃せない!バリの魂が宿ったホテル「カタママ」

Tomoka Aono「【バリ島】カタママホテルとポテトヘッドビーチクラブでカクテル三昧!」

Tomoka Aono「【バリ島】カタママホテルとポテトヘッドビーチクラブでカクテル三昧!」

こんにちは!Compathy Magazineライターのアオノトモカです。

バリといえば様々なリゾートホテルが立ち並ぶ一大リゾート島。たくさんのホテルがありますが、その中でもちょっと変わったブティックホテルが人気のスミニャックエリアにオープンしたのをご存知ですか?

今年3月にオープンしたばかりの「Katamama(カタママ)」は、バリの伝統や文化と近代的なデザインがコラボした素敵空間が広がるホテルです。しかし、それだけではありません! なんと、全室にプライベートバーカウンターがあって、お部屋の中でカクテルが作れちゃうんです!

伝統的近代デザイン!?

バリ島の中でもクタやスミニャックエリアでは、観光地化が進むとともに近代化が進んでいます。そのためこれらのエリアでは、なかなかバリ独自の文化や伝統に触れる機会はありません。しかし、一見近代的なデザインに見えるホテル「カタママ」は、実は「バリの伝統」と「ローカルメイド」にこだわってます。
Tomoka Aono「【バリ島】カタママホテルとポテトヘッドビーチクラブでカクテル三昧!」

Tomoka Aono「【バリ島】カタママホテルとポテトヘッドビーチクラブでカクテル三昧!」

ホテルの壁は、バリの文化が色濃く残る田舎町で、たくさん見かけるお寺と同じようなレンガ造りになっています。さらに、敷地内には緑が溢れていて、バリの文化に深く根付く「自然との調和」を感じる雰囲気。

また、部屋に置かれた小物入れやシャンプーの入れ物に至るまで、その全てがローカルメイドというこだわりっぷり! カタママは、観光地のど真ん中でバリの文化や伝統に触れ、その中で生活することができる貴重な空間なのです。

あなただけのプライベートバー

Tomoka Aono「【バリ島】カタママホテルとポテトヘッドビーチクラブでカクテル三昧!」

Tomoka Aono「【バリ島】カタママホテルとポテトヘッドビーチクラブでカクテル三昧!」

そしてカタママの特別な魅力は、それだけにとどまりません! 部屋の中にプライベートバーカウンターがあり、自分でカクテルがいつでも作れるのです。カクテルを作るための道具一式、そしてカクテルレシピまで用意されているので、誰でも簡単にバーテンダー気分を味わえます。

レシピ通りに作ってみるもよし、オリジナルカクテル作りに挑戦してクリエイティビティを発揮するもよし! カクテル好きはもちろん、DIY好きの方も楽しめるはずです。

誰でもカクテルマスターに!?

Tomoka Aono「【バリ島】カタママホテルとポテトヘッドビーチクラブでカクテル三昧!」

Tomoka Aono「【バリ島】カタママホテルとポテトヘッドビーチクラブでカクテル三昧!」

「カクテルを作ってみたいけど、全く知識がないし…」と不安に思っているアナタ、心配ご無用です! カタママのロビーにあるバー「Akademi(アカデミ)」ではカクテルマスタークラスが実施されています。アカデミでは、世界的に有名なカクテルマスターDre Masso氏がカクテルの作り方を披露してくれるだけでなく、自分自身もシェイカーを振ってバーテンダー体験をすることができます。
Tomoka Aono「【バリ島】カタママホテルとポテトヘッドビーチクラブでカクテル三昧!」

1 2次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。