体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

“孤独な求道者” セロニアス・モンクの隠されたストーリー

“孤独な求道者” セロニアス・モンクの隠されたストーリー
J-WAVE月曜−木曜の14時からの番組「ACOUSTIC COUNTY」のワンコーナー「DAIWA HOUSE SECRET NOTES」(ナビゲーター:西村由紀江)。6月14日(火)のオンエアでは時代に乗るようなことはなく、独自の世界に居続けた孤高のジャズピアニスト、セロニアス・モンクのエピソードを紹介しました。

西村が「今では“伝説”“巨人”と呼ばれますが、かつては“奇人”“変人”と称され、メインストリームから遠く離れた場所にいました」と話す、セロニアス・モンク。一体どんなピアニストなのでしょうか。

ジャズ好きとして知られる、クリント・イーストウッド。1988年にチャーリー・パーカーを描いた映画「バード」を発表しましたが、実はこの年にもう1本ジャズ映画を製作しています。それがセロニアス・モンクのドキュメンタリー映画「ストレイト・ノー・チェイサー」です。

1917年、アメリカの南東部ノース・カロライナ州のロッキー・マウントに生まれたモンクは、4歳になる頃、ニューヨークへと引っ越します。

マンハッタンの西60丁目界隈、モンクが暮らした地区の路上や街角には、ゴスペルやブルースが響いていました。その影響もあり、モンクは幼い頃からピアノを弾きはじめ、ほぼ独学で当時から自分で曲を作っては弾いていたそうです。

クリント・イーストウッド製作の映画の中で「モンクの音楽の師匠はファッツ・ウォーラー、アート・テイラー、デューク・エリントンだった」と紹介されているそう。教会でオルガンを弾き、ブルースも愛したモンクは“ストライドピアノの達人”とも呼ばれていて、練習の虫だったそうです。

そしてモンクはこんな言葉を残しています。

「こんなことできっこないと君が諦めたとき、他の誰かがやってきて、それをやってしまうことになるんだ」

6月15日(水)、16日(木)のオンエアでも、数々のスタンダードナンバーで知られるセロニアス・モンクの隠されたストーリーと音楽を紹介します。お楽しみに♪

【関連サイト】
「ACOUSTIC COUNTY」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/acoustic/

バッハの名曲がジャズと出合ったら…(2016年05月17日)
http://www.j-wave.co.jp/blog/news/2016/05/post-1589.html

ピアニスト奥田弦、5歳で「モーツァルトに対抗心」(2016年05月05日)
http://www.j-wave.co.jp/blog/news/2016/05/5-5.html

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。