ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【極上の体験】グレート・バリア・リーフに泊まれることを知っていましたか?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

誰もが知る世界遺産、グレート・バリア・リーフ。壮大な景観に加え、ダイビングやシュノーケリング、グラスボトムボートでの珊瑚鑑賞、セスナ機に乗っての遊覧飛行などアクティビティも充実。世界中から観光客がこの地を訪れている。

しかし、ここで紹介する至高の贅沢は、そのうちの誰ひとりとして味わったことがないもののはずだ。

世界一壮大な自然の中に「ベッドルーム」が登場

なんと、地球上もっとも美しい海の上で一夜を過ごせるそう。こんな“部屋”に泊まれるなんて知らなかった!という人も多いのでは?

実はこれ、グレート・バリア・リーフを舞台とする人気映画『ファインディング・ニモ』の続編『ファインディング・ドリー』の協力により、Airbnbが2016年6月9日に公開したばかりの部屋。とはいえ有料ではなく、7月13日から1泊2日、1組4名に宿泊をプレゼントするという、とんでもなく貴重で夢のある企画なのだ。もちろん、ケアンズへの往復航空券も込み!

到着したゲストを迎えるのは、リーフに浮かぶ船の上で幼少期を過ごしたというホスト。特別に編成された海洋生物学者チームと共に、リーフでの暮らしについて語ってくれる模様。シュノーケルやダイビング愛好家にとって、目を見張るような海の世界の真上に浮かぶ部屋は、いわば究極の住まいといえるはず。

もちろん、神秘的な海の中へも…

海上での暮らしに慣れたら、驚くべき海の世界へ探検に──。


ディナーには、世界的に有名なシェフ、ニール・ペリー氏が、新鮮な地元の魚介類や農産物を使った食事を提供予定。これほどまでに贅沢な時間を過ごせるのだから、応募者が殺到しないわけがない。

応募期間は6月30日まで。簡単な自己紹介や住所のほか、グレート・バリア・リーフに泊まりたい理由を50〜300字で記入するだけだ。

さあ、かつてない旅のチャンス。世界でもっとも幸運な旅人になりたい人は、こちらを要チェック。

Licensed material used with permission by Airbnb

関連記事リンク(外部サイト)

【絶景】オーストラリアにあるピンク色の湖。その上をウイングスーツで飛んでみたら・・・

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP